立命館、企業と連携した学生・生徒・児童の社会起業家支援プラットフォーム「RIMIX」を始動

学校法人立命館(京都市中京区、総長:仲谷善雄)は、社会課題に貢献する人材・マインド養成から起業支援までの取り組みをひとつのプラットフォームとして「見える化」し、企業との連携のもと、学生・生徒・児童への支援の拡充を図るべく、2019年9月、「立命館・社会起業家支援プラットフォームRIMIX(Ritsumeikan Impact-Makers InterX(cross))」をスタートしたことを発表した。

この取り組みは、SDGs(持続可能な開発目標)に代表される人類共通の課題に対する学生・生徒・児童の問題意識、そこから生まれるチャレンジ精神を起点に、挑戦から起業までをシームレスに支援し、初等・中等教育段階から社会課題を積極的に解決する人材(社会起業家:Impact-Maker)の養成を目指すもの。

次代を担う学生・生徒・児童らのユニークなアイデアを発掘し、育て、後押することで、社会に新たな価値を創造する。

RIMIXの大きなポイントは、コモンズ投信株式会社、株式会社ジャフコ、ソニー株式会社、READYFOR株式会社(50音順)と連携し、各社のノウハウ・資源を生かしてダイナミックに展開する点にある

RIMIXの主な特徴

アセット 2@4x.png
  1. 立命館学園における小学校、中学校、高等学校、大学、大学院を通して、一人ひとりの社会課題解決の取り組みを促進する。
  2. 社会起業家をキャリアの一つに据えたプラットフォームとして学園内の取り組みを「見える化」する。
  3. 研究シーズの事業化ではなく、学生・生徒・児童の問題意識、さらに挑戦から起業までをシームレスに支援する。
  4. 外部機関との強い連携と学校・年齢を越えた交流により、立命館・社会起業家のコミュニティ を育てる。
  5. これまでの資産運用収益を原資にした社会インパクトファンドを創設する。金銭的なリターンだけではなく、複線的なリターンを追求する。