三省堂とAKA、英語学習AIロボット「Musio」の教材開発に向けて同志社中で実証実験を実施

人工知能エンジン及び人工知能ソーシャルロボットを開発しているAKA(アメリカ本社:AKASTUDY LIMITED 米国カリフォルニア州、日本法人:AKA Corp 東京都渋谷区、代表:Raymond Jung、以下AKA)は、株式会社三省堂(東京都千代田区、代表取締役社長:北口 克彦、以下三省堂)と英語学習AIロボットMusio(ミュージオ)で利用できる英語学習コンテンツの共同開発に向け、同志社中学校で実証実験を実施したことを発表した。

同志社中学校での実証実験の内容

実証実験では、AKAが開発した人工知能搭載の英語学習AIロボット「Musio」と三省堂の英語教材「NEW CROWN」シリーズとのコンテンツ開発を目的に、教育現場での「Musio」と教材の連動性に関して検証を行った。

AKAが開発した英語学習AIロボット「Musio」(ミュージオ)は、自ら考えて会話ができ、その会話内容をだんだん覚えていくソーシャルロボット。

主な学習機能として、アメリカのネイティブ英語を話し、自然な英会話ができるチャットモードや専用教材を使用しレベルや目的に合わせた英語学習ができるチューターモード、英会話の際に必要な単語や会話フレーズなどを発音しながら反復練習できるエデュモードがあり、英語学習の頼もしいパートナーになる。

三省堂が出版している「NEW CROWN」は英語を身につけるための手順に沿った構成で、4技能を総合的にバランスよく育成。

学びのプロセスを重視したレッスン構成で生徒の知的好奇心・関心・発達段階に合った題材を配置されている。

また、多様な題材を組み込む、ことばや文化への関心を高め、多様な社会に生きる人々のアイデンティティを尊重する姿勢を培う。

また、豊かな題材は、コミュニケーションで最も重要なメッセージを生み出し、自ら考え、判断する力を身につけ、主体的に学ぶ意欲を引き出すコンテンツになる。

AKAでは引き続き、Musioが日本の英語教育現場においてさらなる貢献ができるよう発展していくとともに、子どもから大人まで幅広い世代のアクティブラーニングにつながる新しい英語学習の提供を推進していく。