スタディーハッカー、AI技術を活用した音読などのスピーキング能⼒評価ツールを提供開始

英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」(以下:ENGLISH COMPANY)や英語学習コーチングサービス「THE CONSULTANT」を運営する株式会社スタディーハッカー(本社:京都府京都市下京区、 代表取締役社長:岡 健作)は、アイード株式会社(東京都品川区、代表取締役:宮澤 瑞希、以下アイード)の多次元スピーキング評価AI技術「CHIVOXセンテンスカーネル」および「CHIVOXパラグラフカーネル」を⽤いたスピーキングスキル評価測定ツールを2019年12⽉17⽇にリリースすることを発表した。

スピーキングスキル評価測定ツール開発の背景

スタディーハッカーは⾔語習得の科学「第⼆⾔語習得研究」(SLA)をベースにした時短型英語学習トレーニングにより、のべ8,000名以上の学習者の英語⼒大幅アップをサポートしてきた。

拠点数は「ENGLISH COMPANY」と「THE CONSULTANT」合わせて2019年12月現在、全国に19を数えるまでに急成長している。

今回、自習型英語学習コーチングサービス「THE CONSULTANT」において、独学では難しい英語発話時の正確性を測定するために、多次元スピーキング評価AI技術「CHIVOXセンテンスカーネル」および「CHIVOXパラグラフカーネル」を活用した評価ツールを開発。

これにより、これまで専門のコンサルタントが一人ひとり対面で行ってきたスピーキングのアセスメントがさらに効率よいものとなり、英語学習における一層精度の高い課題発見および解決策の提案が可能となる。

CHIVOXとは

「CHIVOX」は、現在132の国と地域、1,000社以上の製品に採⽤されている。

特に中国の英語教育市場では60%以上のシェアを占め、⼤学および⾼校⼊試の英語スピーキングパートの採点システムとしても導⼊されており、毎⽉6億回以上のスピーキング能⼒評価が⾏われている。

その優れた技術とユーザーの⾼い評価から、CHIVOXは⽇本でも既に多くの英語学習教材に活⽤されている。

今回リリースする評価ツールは、第二言語習得において効果的とされている「パターンプラクティス」と「音読」の2種類の発話内容を評価対象とする。

評価対象

パターンプラクティス

パターンプラクティスとは、基本文法を声に出して反復練習をし、瞬間的に使えるようにするトレーニング。

与えられた日本語を瞬時に英訳すること、またそれを繰り返すことにより、基本文法を定着させ、スムーズな発話を促す。

このツールでは、画面に表示された日本語をユーザーが英訳して発話、発話内容などを評価。これには「CHIVOXセンテンスカーネル」が使用されている。

音読

音読とは、英文を目で追いながら、声に出して読むトレーニング。

語彙や文法、正しい発音を身につけるだけでなく、リーディングやリスニングの理解スピードの向上にもつながる。

このツールでは、画面に表示された英文をユーザーが読み上げ、その内容を評価項目に基づき評価する。

これには「CHIVOXパラグラフカーネル」が採用されている。

主な評価項目

  • 総合評価
  • 発音
  • 完全性
  • 流暢さ など