『Unityインターハイ2019』結果発表、優勝は函館ラ・サール高校の「Overturn」に決定

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(本社:東京都中央区、代表取締役:豊田 信夫)は、高校生・高専生(3年生以下)および小・中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2019」の最終審査結果を公式WEBサイトにて発表した。

Unityとは

Unityはゲームやアプリケーション開発のためのソフトウェア。

Unityを使って本格的な3Dゲームやスマートフォンアプリ、VR(仮想現実)コンテンツなど、様々なデジタルコンテンツが日々作られている。

近年では大学や専門学校のIT教育現場でも数多く導入されており、ゲームのみならず大学での研究や建築、シミュレータなど、幅広い業界で活用されている。

Unityインターハイとは

Unityインターハイ2019実施の流れ

Unityインターハイ2019実施の流れ

高校生・高専生(3年生以下)の学生を対象としたUnityおよびプログラミング技術習得の奨励、才能の発掘を目的として行われるゲーム開発の全国大会。

予選審査とプレゼン発表会を経て、全国から選ばれた受賞作品は以下の通り。

優勝『Overturn』

  • 北海道/函館ラ・サール高校
  • チーム「Kats」
  • 松田活(17)作品概要

正三角形のキュートなキャラクターを操作してゴールまで動かす、シンプルなルールのパズルゲーム。

キャラが時計回り/反時計回りに回転して壁を沿うように進むという少し変わった動きが特徴。

動くブロックや滑る床などのギミックもあり、様々な種類のマップで遊ぶことができる。

準優勝『mathmare』

  • 東京都/戸山高校
  • チーム「トロコイド」
  • 阿部悠希(16)

「数学の夢魔」が見せる悪夢の中で、多量の弾を避ける弾幕避けゲーム。テーマは「数学」。

すべての弾幕に数学的要素があり、弾幕を生成する式の係数をプレイヤーが任意に指定し、それによって弾幕が変化するというステージも。

数式が生み出す美しい図形を、弾幕と共に楽しんでほしい。

ゴールドアワード『虚構ノ世界』

  • 東京都/芝浦工業大学附属高校
  • チーム「Hidetyo’s Apps」
  • 藤澤秀彦(17)

謎の世界で目を覚ました記憶を失ってしまった主人公と、妖精の形のぬいぐるみが協力し冒険しながら謎を解いていくアドベンチャーゲーム。

謎の世界は、実は主人公の夢の中。具現化した悪夢である敵は主人公に「ストレス」というダメージを与えてくる。

ほか、ワープやゲーム内写真のSNS投稿も可能。

ゴールドアワード『朝を知らぬ星』

  • 沖縄県/N高校
  • チーム「プラムベリー」
  • 梅村時空(16)

作品の舞台は「永遠に太陽が昇らなくなった星」。

深夜徘徊から着想を得た、少年少女が闇の世界の真相を暴くアクションRPGである。

強敵を倒すことによる爽快感を重視したゲームデザインがポイント。開発途中からHDRPを採用し、高精細なグラフィックを実現している。

ゴールドアワード『~SeaRoad~』

  • 神奈川県/森村学園中等部
  • チーム「ideal」
  • 井上恵太(15)

竜巻により都会まで打ち上げられた魚が、海を目指す2.5Dアクション&探索型ゲーム。

単純な操作に加え、触れると移動速度が上がる燃焼物、爆発するドラム缶、多彩な障害物などのギミックを配置することで飽きないゲームを目指した。

一定時間陸にいると死んでしまう呼吸ゲージがユニークだ。

ゴールドアワード『かえるはかえる』

  • 東京都/豊島岡女子学園高校
  • チーム「cigarette」
  • 島田東子(16)

魔法で人間の姿に変えられたかえるが元の姿に戻るために冒険をする3DアクションRPG。

5秒間だけ元の姿に戻ることができ、かえるの姿でできることと、人の姿でできることを使い分けてステージのギミックを解いていく。

メインクエストの他、サブクエストも合わせて攻略するのが醍醐味だ。

ゴールドアワード『TheStackerOnline』

  • 埼玉県/山村国際高校
  • チーム「毎日Unity」
  • 田崎直哉(18)

シンプルな3D落ち物系パズルゲーム。

同色のブロックをつなげて左右の壁を横断させるとブロックが消え、スコアを獲得できる。5つ先のブロックまでプレイヤーは知ることができるので、常に目を配っておくことが高得点の秘訣になる。

シングルプレイの他にマルチプレイも実装。