1からプログラムを書く能力を問う「アルゴリズム実技検定 」第1回試験にIT・金融・人材業界等の企業が参加表明

AtCoder株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:高橋直大 以下AtCoder)は、プログラミングスキルを可視化する日本初の検定「アルゴリズム実技検定」の第1回試験を12月14日(土)に実施する。

第1回試験を目前に控え、IT業界だけでなく、金融・人材・小売業界の幅広い企業・団体から検定の受験を決定されたことを発表した。

一部の参加企業は以下の通り。

「アルゴリズム実技検定」参加企業一覧(五十音順)

  • 株式会社インフォバーン
  • 株式会社クリーク・アンド・リバー社
  • 株式会社サイバーエージェント
  • Supership株式会社
  • データアーティスト株式会社
  • 株式会社電通
  • 株式会社電通デジタル
  • トライアルグループ
  • 株式会社ナビタイムジャパン
  • 野村ホールディングス株式会社
  • 株式会社リンクアンドモチベーション
  • ヤフー株式会社

ビジネスとITが深く関わり始めている今、世界中の企業で高度なスキルをもつプログラマーの需要が高まっている。

企業は高いプログラミングスキルをもつ“高度IT人材”の確保に乗りだしているものの、プログラミングスキルを把握する方法がなく、求職者と企業間で採用のミスマッチ問題も発生している。

アルゴリズム検定は「アルゴリズムをデザインし、コーディングする能力」つまり1からプログラムを作成する能力を問う、実践を想定した日本初の検定。

「知識型ではない」「受験者が得意なプログラミング言語を選べる」「アルゴリズムの実力を測る」という3点の特徴により、可視化が難しかったプログラミング能力を5段階で評価することが可能になった。

AtCoderは、アルゴリズム検定を通じてIT人材のプログラミングスキルを測る”基準”をつくることで、学生・ビジネスパーソンだけでなく、日本企業における高度IT人材不足の解消、ならびに高度IT人材活躍の機会創出を図っていく。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。