日本発プログラミング言語「Ruby」を活用したITサービスのビジネスアワード『Ruby biz Grand prix 2019』を開催、クックパッドとGMOペパボがグランプリ受賞

Ruby biz グランプリ実行委員会(事務局:島根県 商工労働部 産業振興課)は、2019年12月12日(木) に『Ruby biz Grand prix 2019』を開催、受賞者や当日の様子を発表した。

『Ruby biz Grand prix』は、プログラム言語「Ruby」を活用して、ビジネスの領域で新たな価値を創造し、今後の発展が期待できるサービスや商品を表彰するグランプリ。

第5回目となる今回は、新進気鋭なベンチャー企業を筆頭に33事例のエントリーがあり、いま話題のクラウドサービスやスポーツテック、IoTなど、様々な分野で今後の発展が期待できる優れたサービスが集結。

表彰式では、主催者を代表して丸山達也 島根県知事の挨拶からはじまり、島根県のRubyを活用した県内IT企業との連携など、島根県のIT振興の取り組みを紹介。

来賓挨拶では、経済産業省 商務情報政策局 情報産業課 課長 菊川人吾氏が「日本発・島根発のRubyが今後も世間を席巻していくことを期待している」とRubyへの期待を述べた。

また今回は、第4回グランプリ受賞企業の株式会社コークッキング 代表取締役CEO 川越 一磨氏が登壇、グランプリ受賞後の反響や今後の展望などを語った。

メインイベントとなる受賞者発表では、国内外からノミネートされた33事例の中から選ばれた、グランプリ2点と特別賞3点に加え、Emerging Industry賞3点、Vertical Solution賞2点が発表。

グランプリにはクックパッド株式会社とGMOペパボ株式会社、特別賞には株式会社ookamiとMAMORIO株式会社とユニファ株式会社、Emerging Industry賞にはQuipper Limited 日本支店と株式会社ニューロスペースとNota Inc.、Vertical Solution賞には株式会社バトンズと株式会社LegalForceがそれぞれ選出され、トロフィーと賞状が授与された。

表彰後、各受賞者からRubyを活用したサービスの特徴や優位性についてスピーチやプレゼンテーションを行った。

表彰式の締め括りには、「Ruby」開発者であり審査員長を務めるまつもとゆきひろ氏より、各賞の選考理由を語った。

応募作品に関して、「多くの素晴らしい作品にエントリーして頂き、どの作品に賞を与えてもおかしくないほどだった」とコメント、Rubyを活用したビジネスの発展性や将来性を感じられる機会となった。

『Ruby biz Grand prix 2019』当日の様子

挨拶

表彰式は、主催者代表である丸山達也 島根県知事による挨拶で始まった。

丸山知事島根県から国内外に向けて高度なIT技術を発信していけるようにIT企業の支援を行うなど、本グランプリをはじめ、様々な取り組みを行っていることを述べた。

また、本年の応募作品を振り返り、「いずれの作品もRubyの特性を活かした独創性や将来性にあふれた作品であった」とコメント。

来賓挨拶では、経済産業省 商務情報政策局 情報産業課 課長である菊川人吾氏が挨拶。

まず、本グランプリに対して「Rubyをベースに社会課題にアプローチしている作品が多く、非常に心強い。目まぐるしく変化する社会において、迅速で柔軟な対応ができるRubyはますます広がっていくと感じており、日本発・島根発のRubyが今後も世間を席巻していくことを期待している」とRubyのさらなる発展を期待した。

2018年大賞受賞者プレゼンテーション

昨年大賞を受賞した株式会社コークッキング 代表取締役CEO 川越 一磨氏が登壇、「昨年のグランプリ受賞から企業や自治体との協力も増え、登録者数20万人、導入店舗450店と規模を広げている。また、島根での開発合宿にも参加させて頂いており、今後もRubyを活用し、さらに成長できるように邁進する」とグランプリ受賞後の反響と今後の意気込みを語った。

Vertical Solution賞表彰

Vertical Solution賞の表彰では、

  • 株式会社バトンズより代表取締役社長兼CEOの大山敬義氏
  • 株式会社LegalForceより代表取締役CEOの角田望氏

が登壇、プレゼンターの森正弥審査員から賞状とトロフィーが授与された。

Emerging Industry賞表彰

Emerging Industry賞の表彰では、

  • Quipper Limited 日本支店よりVice President of Engineeringの長永健介氏
  • 株式会社ニューロスペースよりエンジニアの高田悟史氏
  • Nota Inc.よりVP of Engineeringの秋山博紀氏

が登壇、プレゼンターの寺田雄一審査委員から賞状とトロフィーが授与された。

特別賞表彰

特別賞の表彰には、

  • 株式会社ookamiよりEngineer / Web Lead Product Divisionの小笠原京平氏
  • MAMORIO株式会社より取締役 CTOの高野政徳氏
  • ユニファ株式会社よりシステム開発本部 プロダクト開発部 部長の田渕梢氏

が登壇、プレゼンターの丸山知事から賞状と目録、トロフィーが授与された。

グランプリ表彰

グランプリの表彰には、

  • クックパッド株式会社より買物事業部 副部長の勝間亮氏
  • GMOペパボ株式会社よりホスティング事業部 プリンシパルエンジニアの小山健一郎氏

が登壇、プレゼンターで審査委員長のまつもとゆきひろ審査委員長から賞状と目録、トロフィーが授与された。

特別賞受賞者プレゼンテーション​

特別賞を受賞した株式会社ookamiの小笠原氏は、「配信数や競技数を増やしていくには、柔軟性なサービス構成が必要で、Rubyの柔軟性や豊富なフレームワークを活用していく」と会社の展望とRubyの関わりを述べ、MAMORIO株式会社の高野氏は、「15人という少人数でここまでサービスを広げられたのは、Rubyの持つ強力な表現力が大きかった」とRubyとともに歩んだ4年間を振り返った。

また、 ユニファ株式会社の田淵氏は、「大量のデータを保存する部分でRubyを活用しており、定期的にあらゆるデバイスからリクエストが送られてくる中で、しっかりとしたパフォーマンスを出すという点でもRubyに貢献していただいている」とRubyの有用性について話した。

グランプリ受賞者プレゼンテーション

最後にグランプリを受賞した2社がサービスのプレゼンテーションを行った。

クックパッド株式会社の勝間氏は「クックパッドでは、様々なサービスでRubyを活用しており、今回表彰頂いたクックパッドマートもそのひとつである。今後もRubyを中心とした技術を駆使し、スピード感をもって新規事業の開発を行っていきたい」と語った。

また、GMOペパボ株式会社の小山氏は「マネージドクラウドは高集荷なサービスのため、高速・柔軟な開発において、柔軟性の高いRubyが不可欠だった」とRubyの必要性を熱弁した。

審査員長挨拶

大会の閉会の挨拶として、審査員長であるまつもと氏は、まず第5回目を迎えられた今グランプリについて「Rubyの普及や『Ruby biz Grand Prix』の知名度が高まったこともあり、多くの素晴らしい作品にエントリーして頂き、どの作品に賞を与えてもおかしくないほどだった」と応募作品のレベルの高さと審査の難しさを語った。

「『Vertical Solution賞』は、限られた特定の分野に絞ったサービスを展開し、顧客の課題解決に果敢に取り組む企業に贈る賞として、また、『Emerging Industry賞』は、先端技術を活用して新たな産業領域におけるサービス展開に果敢に挑戦する企業に贈る賞として選考した」と、各賞にかける想いを語った。

最後に、「今回ご応募頂いた作品はどの作品も素晴らしく、その中で賞を差し上げるというのは審査委員として喜びでもあり、苦しみでもあった」と改めて各サービスに賞賛の言葉を送られ、式典を締めくくった。