英語コーチング「プログリット」がカナダのスピーキング力養成学校とコラボイベントを開催、当日の様子を公開

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」を展開している株式会社プログリット(本社:東京都千代田区有楽町、代表取締役社長:岡田 祥吾)は、2019年11月16日(土)に、カナダ・バンクーバーにあるスピーキング力養成学校「Vector International Academy」とタッグを組んだコラボイベントを開催し、当日の様子を発表した。

Vector International Academyで校長を務めるMari先生が登壇。

参加者である13名のプログリット受講生に発音のコツと、短期間での英語スピーキング力養成方法を、実践を交えながら伝えるセミナーイベントとなった。

Vector International Academyとのコラボイベントの概要

英語には「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能があるが、プログリットが2019年8月に調査した結果によると、英語における課題(伸ばしたい能力)で最も多いのはスピーキングであることが明らかになっている。

実際に、プログリットの受講生もビジネスで英語を使用するシーンが多く、それに備えるために短期間で英語力を上げることのできるプログリットを受講している。

今回、スピーキングの中でも「発音」に着目。

プログリットのトレーニングにプラスして、伝わる発音を身に付けることで、外国人とのコミュニケーションをより円滑にすることを本イベントの目的とした。

日本人が苦手とする発音をマスターするためにカナダ・バンクーバーにあるスピーキング力養成学校のVector International Academyとコラボしたイベントを開催。

当日は13名のプログリット受講生・卒業生が参加し、3時間という短い時間の中でより良い発音を身に付けるワークショップを行った。

開催日

2019年11月16日(土)10時~13時

開催場所

株式会社プログリット本社

開催テーマ

「目からうろこ!あなたの発音3時間で変わります」

イベントレポート

イベント当日は、プログリットから13名の生徒が参加。

有楽町にある株式会社プログリットの本社ラウンジでイベントを開催した。

当日の講師は、過去15年間に渡り、カナダで英語スピーキングを教えてきたMari先生(Vector International Academy校長)が担当。

最初は参加者同士の自己紹介からスタート。

初めて顔を合わせる参加者も多かったため、まずはお互いに打ち解けるために英語学習の話だけではなく、仕事やプライベートの話も織り交ぜた自己紹介を行った。

自己紹介後は発音を実践的に身に付けるワークショップを開始。

最初のレクチャーは母音で、日本語には「あ」という音は1つしか無い一方、英語には5種類ある旨などをレクチャーし、それらの違いについて実際に口を動かしながら身に付けた。

このイベントは発音のコツを身に付けるだけではなく、実際に日本語の文章を英語に変換したり、参加者の前で発表を行ったりするなど、時間のほとんどをアウトプットに利用したイベントとなった。

参加後のアンケートでは、

  • とてもわかりやすかったです。また、テンポの良いセミナーで、モチベーションが上がりました。
  • 先生の話術に惹かれてあっという間の3時間でした!ありがとうございました。現在中2の娘を是非カナダに行かせたいです。

といった感想が寄せられた。