SNS型eポートフォリオ「Feelnote」活動記録をデータ解析し、AIによる課外活動のマッチングを開始

教育コンサルティング&クラウドサービス事業を行う株式会社サマデイ(本社:東京都千代田区六番町、代表取締役:相川秀希)は、自社で開発するSNS型eポートフォリオ「Feelnote(フィールノート)」(特許第6028123号、他7件、米国特許 Patent NO.:US 10,268,757 B2)のユーザー向けに、統合認証サービス「Feelnote ID」を2020年1月にリリースすることを発表した。

これにより、ユーザーは、Feelnote IDを利用する様々なサービス(課外活動ポータル「World School」、入試システム「The Admissions Office」等)に共通のID・パスワードでログインできるようになるほか、各サービスに固有のデータを連携し、より有用性を高めることができるようになる。

たとえば、ユーザーがFeelnoteに自身の活動を記録すると、その内容に応じて、大学主催の公開講座や教育プログラムなど、World Schoolに掲載されている他種多様な課外活動から、AIが個別に自分に適した情報をマッチングしてレコメンドする。

概要

「Feelnote ID」は、SNS型eポートフォリオ「Feelnote」のユーザー向けに開発された統合認証サービス。

Feelnote IDを持つことで、ユーザーは「World School(課外活動ポータル)」、「The Admissions Office(入試システム)」といったサービスへのシングルサインオンが可能となる。

また、各サービスは、それぞれに固有のデータが蓄積されており、これらを連携させることによって、ユーザーの学習環境をより充実したものとすることができるようになる。

Feelnote IDにより連携するサービス

 Feelnote

SNSで体験をシェアする感覚で日々の活動を記録することができ、蓄積された記録をキーワードで検索してまとめるなど、気軽に一生モノのポートフォリオが作成・編集できるシステム。

現在、国内の中高生、大学生に幅広く活用されており、世界の大学入試でポートフォリオとして提出できる。

 World School

教室の外にある学びの場を集めたポータルサイト。

大学主催の公開授業やオープンキャンパス、企業が実施する教育プログラム、各種コンテストなど、多様な課外活動の情報が常時500件以上掲載されており、SDGsとの関連性や、興味・関心のあるキーワードで検索し、新たな活動を探すことができる。

 The Admissions Office

学生がひとつのフォームで複数の大学に出願できる世界標準のWeb入試コンソーシアム。

大学は入試の全プロセスをデジタル化することができ、出願に必要なフォームを自由に設計できるため、国内・海外からの志願者募集に活用できる。

今後、大学間の連携を進め、アジアの大学のための入試コンソーシアムを形成していく。

連携により実現すること

Feelnote IDと連携するすべてのサービスを共通ID・パスワードで利用できるようになる。

Feelnoteにユーザーが蓄積した活動記録を解析し、World Schoolの掲載情報の中から、ユーザーごとにAIが適切な課外活動をレコメンドする。

ユーザーがFeelnoteに登録したプロフィール、作成したポートフォリオのデータをThe Admissions Officeに自動転送し、再入力の手間を省くことができるようになる。

今後の予定

Feelnote IDは、現在、株式会社サマデイが開発するサービスでの連携が行われており、ポートフォリオの分析によって個々の非認知スキルやSDGsとの関連性を可視化する機能など、さらに発展的な開発を行っていく。

また、今後、他社サービスとの連携も可能となる予定。