東京個別指導学院、クラウド型コンタクトセンター・サービス「PureCloud」を教育業界で初めて導入

株式会社東京個別指導学院(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:齋藤 勝己)は、2019年12月10日より、ジェネシス・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:細井洋一、以下、ジェネシス)のクラウド型コンタクトセンター・ソリューション「Genesys PureCloud®️」(以下、PureCloud)を、東京個別指導学院への入塾検討者の最初のタッチポイントであるコンタクトセンターに導入したことを発表した。

PureCloud導入は教育業界では初めて。

東京個別指導学院、PureCloud導入の背景と内容

クラウド型オムニチャネルCXソリューションのPureCloudは、使いやすさと導入のしやすさを兼ね備えた、統合型オールインワン型カスタマーエンゲージメントおよびビジネス・コミュニケーション・サービス。

マイクロサービス・アーキテクチャを採用した真のクラウド・サービスによって、PureCloudは柔軟、オープン、豊富な機能という特徴を持つとともに、迅速なイノベーションを実現し、事業の成長に合わせた拡張性を担保した将来性の高いソリューション。

ジェネシスは100カ国11,000社以上が信頼する業界トップのCXプラットフォームを提供し、大きなビジネス成果と永続的な関係を構築している。

最高の技術と人の創意を結集することで、自然なコミュニケーションを反映し、利用者の考え方に沿ったソリューションを構築している。

業界をリードするジェネシスのソリューションは、すべてのチャネル、オンプレミス、クラウドで変わらないパフォーマンスを発揮し、真のオムニチャネルを促進。

柔軟性に優れ、直感的、そして利用者の能力を余すところ無く発揮できるコミュニケーションを実現することができる。

東京個別指導学院のコンタクトセンターは業界に先駆けて1999年に設立。

主に入塾検討者からの問い合わせに専門の学習相談員が対応する。

学習相談員は東京個別指導学院の教室勤務経験者を中心に構成。

入塾検討者が抱えるさまざまな学習の課題について親身になってカウンセリングをするとともに、教室での個別相談や体験授業の日程をアレンジ、サポートしている。

一人ひとりの悩みに寄り添い、「心通う対話」を大切にすることで、コンタクトセンターは東京個別指導学院の企業理念を実践する大切な場一つとなっている。

PureCloud導入を機に、これまで1拠点で運営していたコンタクトセンターを4拠点に広げ、BCP(事業継続計画)の強化を実現。

また、「働き方改革」の一環として、在宅勤務実施に向けた準備も進めている。

PureCloudでコンタクトセンターをクラウド化することで、パソコンとヘッドセットさえあれば業務を開始できるようになり、産休明けなどで労働時間が限定される社員が活躍する機会を作り出すことができる。

ジェネシス・ジャパン株式会社 代表取締役社長の細井洋一氏コメント

東京個別指導学院様において、生徒の人生に大きな影響を与えるような重要なコンタクトセンターでPureCloudを採用いただいたことを非常に光栄に感じています。こうした責任のあるカウンセリングは、Webを使って自動化したり、外部にアウトソースするのではなく、専門的な知識を持った社員がひとりひとりの生徒に向き合うことが重要となります。

東京個別指導学院様では、これからのコンタクトセンターにおける働き方のあり方を示唆していると言えます。少子高齢化の続く中、企業の競争力を維持する上で、専門性の高い知識を持った社員の確保と活用はさらに重要になってきます。

東京個別指導学院様のように、社内で眠っている経験のあるスタッフの能力を最大限に発揮するために、在宅や自宅に近い場所での勤務など、クラウド化によって働きやすい環境を整えることは、今後ますます重要になってきます。

東京個別指導学院 代表取締役社長の齋藤勝己氏コメント

当社のコンタクトセンターは、ちょうど20年前に私が責任者として立ち上げました。この20年間ずっと大切にしてきたことは「お客さま一人ひとりとの心通う対話」です。

Genesys PureCloud®️を導入することで、高い専門性を持つ社員が活躍する機会が飛躍的に増え、結果としてより質の高いサービスをお客さまに提供できると考えています。