誠文堂新光社、小中学生向けの月刊誌『子供の科学』と連動したプログラミングツール「KoKa KeyTouch クリエイターBOX」発売

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は2019年12月10日(火)に、小中学生向けの月刊誌『子供の科学』と連動したプログラミングツール「KoKa KeyTouch クリエイターBOX」を発売したことを発表した。

「KoKa KeyTouch クリエイターBOX」は、なんでもコントローラーにできる発明ツール「KeyTouch(キータッチ)」を使っていろいろなものがつくれるプログラミングキット。

「KeyTouch(キータッチ)」とは

キータッチの本体は小さな基板。

これにワニ口クリップで好きなものをつなぐだけで、パソコンでつくった「Scratch(スクラッチ)」などのプログラムを動かすコントローラーに変身させることができる。

『子供の科学』2020年1月号からスタートした新連載「『KeyTouch』でつくってあそぼう」と連動していて、第1回ではバナナやフォークなど身の回りのものを楽器の鍵盤に変身させている。

音楽演奏のプログラムを組むことで、果物や食器がコントローラーになって、音を鳴らすしくみをつくることができる。

今後、連載や特設サイトで、ラップ芯を使った笛づくり、スクラッチでつくったゲームのコントローラーづくり、おみくじマシンや相性診断マシンなどなど、さまざまな作例も紹介。

2020年、小学校でのプログラミング必修化に向けて、楽しみながらプログラミング体験ができる教材としても最適。

キットには、超音波距離センサー、ロータリーエンコーダー基板などの部品類も付属。使い方を覚えれば、子どもたちが自由な発想でものづくりに取り組める。

さらに、キータッチ本体や各種部品、コード類を収納し、それ自体がカッコいいコントローラーのベースになる専用BOX(LAUNCH BOX)がついていて、見た目からしてワクワク感満載!

子どもの創造力を刺激する「KoKa KeyTouch クリエイターBOX」は『子供の科学』の物販サイト「KoKa Shop!」で購入できる。

※キータッチは、未来工作ゼミとFabLab長野、株式会社ケイエスワイが開発した産学協同開発商品。また、キータッチはMIT Media Labで開発されたMakey Makeyの回路を参考にして開発された(Makey Makeyは、Makey Makey LLCの登録商標)。

価格

11,000円(税込)

発売日

12月10日(火)