ラーニングエージェンシー、ビジネス基礎力診断テスト「Biz SCORE Basic」受検者55,456名の結果を分析し発表。20歳代後半が平均スコアトップ

株式会社ラーニングエージェンシー(本社 東京都千代田区、代表取締役社長 眞﨑大輔、以下「LA」)は、社会人向けのビジネス基礎力診断テスト「Biz SCORE Basic」の受検者55,456名の結果を分析し、発表した。

「社会人ビジネス基礎力調査」実施の背景

安倍政権でも掲げる「人生100年時代」の到来、そして第四次産業革命により、個人と企業を取り巻く環境は大きく変化し、個人が自らのキャリアを主体的に開発し続ける必要性が叫ばれている。

2018年には、経済産業省が人生100年時代を見据えた「新・社会人基礎力」を発表し、「社会人基礎力」への注目度が高まった。

企業の人材育成を支援するLAでは、この社会人基礎力の向上に寄与すべく、社会人向けのビジネス基礎力診断テスト「Biz SCORE Basic」を提供している。

今回、受検者が延べ50,000名を超えたのを機に、ビジネス基礎力の実態調査を実施した。

「社会人ビジネス基礎力調査」分析結果概要

1. 年代別傾向│全世代の中で20代後半が平均スコアトップ

年代別で比較すると、最も高スコアだったのは20代後半(54.8点)。

次いで30代前半(54.2点)、30代後半(53.5点)と年齢とともにスコアが下がる結果となった。

年齢が若いほど高得点かというとそうではなく、最も若手である24歳以下は20代後半よりも2.5点低く、4位にランクイン。次いで5位は40代前半という結果だった。

カテゴリ別で見ても、4つのカテゴリのうち「Communication」「Planning & Control」「Thinking」の3つのカテゴリにおいて20代後半がトップに。

「Business Knowledge」については、年代別傾向2位の30代前半が1位という、ゆとり世代がトップを占める結果となった。

2. 業種別傾向│情報通信業が1位。全てのカテゴリにおいてトップに

業種別で比較すると、1位は情報通信業(55.2点)、2位は学術研究、専門・技術サービス業(53.2点)、3位はサービス業(52.7点)。

1位の情報通信業は4カテゴリ全てにおいてトップであり、特に「Planning & Control」においては、「Planning & Control」の全体平均13.7点と1点以上の差をつける結果となった。

3. 職種別傾向│会計、コンサルタントなどの専門職が1位。2位との差は2.6点

職種別では、1位は会計、コンサルタント等専門職(56.5点)、2位は医療・介護等専門職(53.9点)、3位は技術職(52.8点)という結果だった。

年齢や業種での比較に比べ、1位と2位の差が大きく開き、その差は2.6点となった。

また、4つのカテゴリのうち「Business Knowledge」においては、4位の事務職が2位にランクイン。

4. カテゴリ別傾向│「Communication」のスコアが最も高く、「Business Knowledge」が最も低い

出題カテゴリ別(各25点満点)ではビジネスマナーや口頭・文書伝達などの「Communication」の平均スコアが最も高く、次いで仕事の計画力や進め方といった 「Planning & Control」、3位が課題設定や解決策立案といった思考力 「Thinking」、最も平均スコアが低かったのが、経営やマーケティング、経済などに関する知識 「Business Knowledge」だった。

各カテゴリはさらに5つのテーマに分けられ、全20テーマのうち最もスコアが高かったのは「Communication」の中の「口頭伝達」、最も低かったのは「Business Knowledge」の中の「財務・経理」だった。

まとめ

ビジネス基礎力診断テスト「Biz SCORE Basic」の開始以来4年間の受検者55,456名の結果を見ると、20代後半以降、年齢とともにスコアが下がる傾向があることがわかった。

今回の調査で、40代以降のスコアは24歳以下のスコアよりも低いという結果が出たが、これには、今の20~30代の社員と比べて体系的にビジネススキルの基礎を習得する機会が少なく、「上司の背中を見て学ぶ」「経験を積んで学ぶ」のが一般的だったことが影響していると考えられる。

また、会計、コンサルタント等専門職が全てのカテゴリで1位となったことは、問われている内容が他の職種と比べて、より日々の仕事に直結しているためとも考えられる。

しかし、ビジネス基礎力は、年齢や役職、職種、業種を問わず共通して必要となる力。

全テーマの中で最も平均スコアが低かった「財務・経理」など、日々の業務に直結することが少ない知識・スキルであったとしても、変化の激しい時代の中で主体的にキャリアを形成していくためには、幅広く知識・スキルを習得しておく必要がある。

社員が自ら率先してスキルを身につけることも大切だが、企業・組織においても、「業務外のことも学べる機会を提供する」「多様な仕事を経験させて幅広く知識をつけさせる」「自発学習を促す」など、社員のビジネス基礎力を向上させる取り組みが求められている。

「社会人ビジネス基礎力調査」調査概要

調査対象者

ビジネス基礎力診断テスト「Biz SCORE Basic」受検者

調査時期

2016年3月1日~2019年9月30日

サンプル数

55,456名

属性

年代

  • 24歳以下:9.4%(5,215名)
  • 20代後半:16.2%(8,992名)
  • 30代前半:15.3%(8,484名)
  • 30代後半:15.4%(8,523名)
  • 40代前半:16.2%(8,983名)
  • 40代後半:13.2%(7,310名)
  • 50歳以上:14.3%(7,949名)

業種

  • 情報通信業:26.7%(14,799名)
  • 卸売業、小売業:21.2%(11,768名)
  • 製造業:13.0%(7,182名)
  • 学術研究、専門・技術サービス業:6.3%(3,490名)
  • サービス業(他に分類されないもの):9.4%(5,203名)
  • 不動産業、物品賃貸業:8.9%(4,911名)
  • 建設業:3.4%(1,911名)
  • その他:10.8%(5,994名)
  • 無記名:0.4%(198名)

職種

  • 技術職:33.3%(18,494名)
  • 営業職:25.6%(14,173名)
  • 事務職:23.3%(12,934名)
  • 会計、コンサルタント等専門職:5.1%(2,851名)
  • 販売職:2.9%(1,605名)
  • 医療、介護等専門職:1.2%(685名)
  • その他:8.5%(4,714名)

受験者数推移

ビジネス基礎力診断テスト「Biz SCORE Basic」とは

組織の中で期待される成果を継続的に出すために必要な知識・スキルのうち、職種・業種・役職を問わず共通して必要になる基礎的な力である“ビジネス基礎力”を診断するテスト。

経済産業省の社会人基礎力をベースに開発し、受検者は4年間で延べ50,000名を突破。

診断テストは 「Business Knowledge」 「Planning & Control」 「Communication」 「Thinking」 の4カテゴリ20テーマから厳選された100問を、90分間で解答するWebテスト。