オプトホールディング、「デジタルシフトアカデミー」でデジタルシフトを推進する人材育成プログラムの提供を開始

株式会社オプトホールディング(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 グループCEO:鉢嶺 登、以下オプトホールディング)は、株式会社デジタルシフトアカデミー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉田 康祐、以下デジタルシフトアカデミー)にて、企業のデジタルシフトを推進する人材を育成するための教育プログラム「大胆なデジタルシフトの戦略策定コース(複数企業参加型)」の提供を開始することを発表した。

オプトホールディングス、教育プログラム開始の背景

昨今デジタル産業革命という数百年に一度の大きな波が来ている中、企業も人もデジタルシフトを余儀なくされている。

オプトグループでは、デジタルシフト支援を通して企業の新たな成長を支援することを目的に、長年培ってきたデジタルにおけるノウハウ・知見を集結させ、デジタル人材育成を軸に企業の経営者・中核人材が抱えるデジタルシフトへの課題の解決を目指す。

今後について

オプトホールディングでは、急激なスピードで進むデジタル産業革命の中で、変わりゆく社会と企業と人のデジタルシフトを加速させるために、マーケティング支援だけに留まることなく事業を多角的に展開していく。

デジタルシフトアカデミー「大胆なデジタルシフトの戦略策定コース」内容

企業においてデジタルシフトを推進すべき役割にある会社役員・中核社員が、デジタルシフトを牽引する人材に必要な知識・スキルを習得できるプログラム。

このプログラムでは、デジタルシフトにより自社を新たな成長段階へと導くことを想定し、グループワークでその道筋を検証、最終プレゼンテーションを実施する。

なお、本プログラムでは、デジタルシフトについてオプトホールディング及び同グループ企業の戦略アドバイザーである、立教大学ビジネススクール教授の田中道昭氏が講師/モデレーターを務める。