ベネッセの進研ゼミ、中高生向け学習サポートアプリ『StudyCast』の無料提供を開始

株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市 代表取締役社長:小林 仁)が展開する通信講座『進研ゼミ』は、2019年12月5日より、中高生向け学習サポートアプリ 『StudyCast(スタディキャスト)』の無料提供を始めることを発表した。

このアプリは進研ゼミ会員以外も利用できる。

『StudyCast』開発の背景

このアプリは、アプリ内に「勉強部屋(アプリ内では「キャストルーム」)」をつくり、別の場所にいる友だちと音声・カメラを通じてつながり一緒に勉強することができるもの。

「勉強部屋」では、つながった友だち同士、互いの勉強する様子がリアルタイムで見える。

相手の姿が見えるため、1人で勉強していても「誰かと一緒に勉強している」気持ちが持て、だらけずに勉強に集中することができる。

また、勉強部屋の友だち同士で、わからないところを教え合えるので、その場でつまずきを解消することもできる。

勉強部屋で勉強した時間は、教科・科目ごとに「勉強レポート」として自動で記録が残り、学習終了後に友だちと勉強記録をシェアすることもできる。

昨今のインスタグラムやツイッターなどの浸透からもわかるように、今、中高生は「リアルタイムの自分を友だちとシェアすること」を好む。

一方、このアプリの企画段階の調査では、「一人では勉強の集中力が続かない」「さまざまなスマホアプリの誘惑で学習に集中できない」といった中高生の声に着目。

そこで、このアプリは「友だちとリアルタイムでつながって勉強に集中する」「勉強している間は他のアプリを使えない」という仕組みを通じて、中高生たちの学習時間の質の向上を支援することを目指した。

今年、『進研ゼミ』は50周年を迎えた。

これまでも中高生の生活・学習状況、ニーズをふまえて学習教材を開発し、ここ数年ではスマートフォンを用いた教材の提供も始めている。

ベネッセはこのアプリを含めて、今後も学習教材だけでなく、「学習環境づくり」「学習意欲の継続」をサポートするサービス提供に、引き続き取り組んでいく。

『StudyCast(スタディキャスト)』概要

特徴

一緒に勉強したい人と「勉強部屋」を作成、友だちの勉強する姿が見えるから、だらけずに集中して勉強が続く

友だち同士2~4人でスマホアプリ上に「勉強部屋」を作成し、一緒に勉強することができる。

リアルタイムでつながっていて、その場で話すこともでき、わからない時は互いに教え合うこともできる。

※このアプリは、安全に利用できるよう、「顔見知りの友だち同士」での活用のみを想定して、勉強部屋には「招待URL」経由でしか入室できないよう制御されている。

さまざまな集中力UP機能を搭載

「15分」(3セット)の単位でインターバルを設け、メリハリをつけて学習に取り組むメソッドを搭載。

学習中、1人で集中して勉強したくなったときは、カメラOFF機能、音声OFF機能(自分の音声・友だちの音声それぞれOFF)で環境を選ぶことができる。

スマホいじりを防止する「勉強タイマー機能」つき

タイマー起動中にスマホで別のことをすると、タイマーのカウントが止まる機能つきで、勉強合間のスマホいじりを防止。

また、学習時間を教科別×期間別に自動レポートしてくれるので、手間なく、学習内容や時間を振り返ることができる。

記録内容は、後日友だちやSNSでシェアでき、勉強へのモチベーションアップにつながる。

中高生が安心・安全に利用できる機能を搭載

オンラインでさまざまなユーザーとつながる可能性があることから、このアプリでは顔見知りの友だち同士での利用が実現するよう以下の機能を設けている。

  1. 1つの「勉強部屋」には、URL共有にて招待された3名までしか入室できない(勉強部屋は自分を含めて4名が上限)
  2. URL共有は、顔見知りとの連絡手段であるLINE経由を基本とし、SNSでの拡散防止の注意喚起を表示
  3. ユーザー通報機能を導入し、利用規約違反者等を通報できる

モニター利用者(高校生)の声

  • 音声やカメラがオフできるので、質問したり集中したりしながら勉強できそう。
  • 仲良しの子や、いつも質問しあっている子など、複数グループを作って使えるので便利そうです。
  • 自宅でもみんなの顔を見ながら作業できるので、グループ学習で予定が合わないときにも役立ちそう。

アプリ利用方法

中高生なら全員無料で利用可能(進研ゼミ会員以外でも利用可能)

宿題の悩みをクラスのチームワークで解決するアプリ『ClaCal(クラカル)』

2019年10月1日より「進研ゼミ」が提供しているアプリ。

  • 高校生ユーザー間の紹介で拡がり、1,400校以上の高校に通う高校生が利用中(12月1日現在)
  • クラスの友だちと、宿題や時間割などをシェアするグループ学習管理アプリ
  • 1人が「やること」を登録すれば、クラス参加者全員に共有されるため、宿題・提出物がいつでも確認できる
  • 登録した「やること」単位でトークできる

今後、「StudyCast」との機能連動も予定している。