MSIが「Yokosuka e-Sports Project」に協賛、神奈川県横須賀市内の高校向けに高性能PCなどを無償提供

ゲーミングデバイスの設計で世界をリードするMicro-Star International(MSI)は、インテル株式会社、東日本電信電話株式会社、株式会社Project White(TSUKUMO)とともに、神奈川県横須賀市の「Yokosuka e-Sports Project」に協賛し、MSI製マザーボードやグラフィックスカード、PCケースなどのメインパーツを採用するTSUKUMO製ゲーミングデスクトップPC「G-GEAR Powered By MSI」と、MSI製液晶ゲーミングモニターやゲーミングデバイス、ゲーミングチェアを3年間無償提供することを発表した。

「Yokosuka e-Sports Project」の内容

Yokosuka e-Sports Projectは、e-Sportsに関わる人々によって地域コミュニティの活性化および新たな文化の定着を目指し、音楽・スポーツ・エンターテイメント都市の発展を推進することで、子供たちが希望をもって成長し続けることができる街の実現を目指すというもの。

将来的には官民連携した新たな事業につなげ、大会の誘致やイベント開催なども検討されている。

その第1段階として、e-Sports部設立支援として、学校法人三浦学苑高等学校(神奈川県横須賀市衣笠栄町3-80)の情報研究会に5台の高性能PCを3年間無償貸し出しするほか、湘南学院高等学校(神奈川県横須賀市佐原2-2-20)への提供も計画されている。

今回、市内の高校へ提供するのは、MSIがこれまで得意としてきた高性能ゲーミング分野と、近年MSIが注力しているクリエイティブ分野において、すぐれた性能を発揮するTSUKUMOとの共同開発による「G-GEAR Powered By MSI」。

あわせてMSI製ゲーミングモニターやゲーミングチェアー、ゲーミングデバイスを提供することで、これから本格的な活動を開始するe-Sports部門にとって最適なフル環境を提供できるとMSIは確信している。

生徒にとっては、e-Sportsを通してコミュニケーション能力を向上させ、より多くのことを学ぶ良い機会となるだろう。

MSIは、今回のYokosuka e-Sports Projectへ賛同することで、e-Sports分野における教育やゲーム依存などの影響に関する調査を、横須賀市や協賛各社と共有していく。

また、将来的には官民連携による新たな事業につなげ、大会の誘致やイベント開催なども検討していく予定。


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。