RoFReCとCodeProto、広島とシンガポールをオンラインで接続しプログラミング学習の発表会を実施

子ども向けプログラミング教室を運営している一般社団法人RoFReC(本社:広島県三原市、代表理事:岡田吉弘、以下、ロフレック)とCodeProto(本社:シンガポール、代表:澤田ちあき)は、広島とシンガポールでオンライン接続し、交流を深め、各々の教室で子どもたちがつくった作品の発表を行った。

第1回「スクラッチチャレンジ」概要

広島チームと記念撮影(シンガポール会場)

スクラッチチャレンジ期間(2019年9月から11月まで)に、定期的にオンライン発表会を開催。

参加者は、発表に向けて計画的に作品づくりを進めた。また、プログラミング学習を通して、国境をこえた交流を楽しんだ。

全19名の発表をふまえて、受賞者に表彰状を授与。

受賞者選定の基準は、プログラミング学習の到達度、作品のデザイン性、また、今後の期待度等。

広島側は、古川 慎貴くん(中学2年生)、湯浅 愛香さん(小学6年生)、瀬川 陽一朗くん(小学3年生)が受賞。

シンガポール側は、林 実杜くん(小学5年生)、澤田 華さん(小学5年生)、尾崎 朝陽くん(小学4年生)が受賞した。

日程

  • 中間発表会①:2019年9月29日(土)12:00~13:30(日本時間)
  • 中間発表会②:2019年10月26日(土)12:00~13:30(日本時間)
  • 最終発表会:2019年11月23日(土)12:00~13:30(日本時間)

会場

  • 広島:アクションセンター三原(広島県三原市城町1-12-5)
  • シンガポール:CodeProto教室(18 Mohamed Sultan Rd #02-02 Singapore 239368)

対象

小中学生

参加者数

19名(広島:11名、シンガポール:8名)

今後の展開

スクラッチチャレンジ第2回目は、2020年4月頃に開催を計画している。

内容は、新しい学習指導要領に基づいた図形づくりのプログラミングへのチャレンジを予定。

なお、シンガポールと広島に加えて、他の地域からの参画も募集している。