専用ゴーグルなしでVRが楽しめる「HOLOMR」、韓国で開催されたイベントに出展

株式会社Bibimble Inc.(所在地:韓国ソウル、代表:ユ・ミラン)が開発したホログラムによるVRコンテンツ「HOLOMR」が、2019年11月15日映画の殿堂(韓国、プサン)にて開催されたイベント「HOLO BEAT」に出展、当日の様子を発表した。

「HOLOMR」によって、歴史上の偉人たちのトークコンサートが実現した。

イベント「HOLO BEAT」当日の様子

韓国でも「5G」商用サービスを2020年に控え、通信業界ではこぞってVR(仮想現実)やAR(拡張現実)といった「5G」を活かせるコンテンツ開発に取り組んでいる。

VRコンテンツはまるで本当にその場にいるような錯覚を巻き起こす「リアルさ」を体験できるが、サービス拡大への壁もある。

利用にはHMD(ヘッドマウントディスプレイ)と呼ばれる専用のゴーグルやコントローラーなどが必要なため、実際にプレイできるのは少人数で、あとのほとんどはモニターで鑑賞するだけというのが現状。

そんなVR、AR、ホログラムなどが抱えていた問題を改善する、Bibimble Inc.が開発した専用装備なしで楽しめる新しいシステム「HOLOMR」が登場。

「HOLOMR」は体験するユーザーの前にホログラムでVRを映し出し、コンテンツとまるで同じ場所にいるかのように感じられる画期的なシステム。

「HOLOMR」はすでに韓国の大型展示フェスティバルにて実演販売が行われている他、11月15日には「HOLOMR」の技術を用いて韓国の歴史上の偉人たちから様々な話を聞けるホログラムトークコンサートも開催。

ホログラムコンサートだけでなく、歴史上の偉人たちが登場するVRゲームや、ARを活用し2ショットが撮れる写真館など、最新技術が織りなす活き活きとした教育コンテンツとして関心が寄せられた。

その他、10月に釜山国際映画祭のホログラムシアターにて韓国コンテンツ振興院のサポートで制作されたVR推理ゲーム「隠しストーリーVR」とMRリズムゲーム「HOLO BEATS」が、韓国内外の映画ファンに披露された。

VR推理ゲーム「隠しストーリーVR」

「隠しストーリーVR」はシネマティック要素が加わった推理ゲームで、深いストーリー性とリアリティ溢れる3Dで体験ユーザーを魅了した。

MRリズムゲーム「HOLO BEATS」

MRリズムゲーム「HOLO BEATS」は、これまでVRを実際にプレイするユーザーしか見ることのできなかった飛んでくるビートやエフェクトなどを外部にホログラムで映し出すことができ、来場客の注目を集めた。

「HOLOMR Tool」について

「HOLOMR Tool」は、専用装備なしで楽しめるVR「HOLOMR」を誰で簡単に制作できてしまうプログラム。

自由にエフェクトやマスク、サウンドをドラッグ&ドロップしホログラムの中に入れるだけで自分だけのホログラムを制作できる。

誰でもVRお絵描きアプリ「Tilt Brush」のように自分だけのホログラムコンテンツを制作するパフォーマンスクリエイターになり、「見えるVR」を簡単に制作してプレイできる融合コンテンツである。

「HOLOMR」開発元のBibimble Inc.関係者によると、「HOLOMR」は今後このような公演や展示だけではなく、教育など幅広い分野での活用を目指しているのだそう。

そのため、「HOLOMR」技術を多くの企業が活用しコンテンツを制作できるよう、SDKで提供する方針。

なお、韓国情報通信産業振興院 NIPA(政府機関)では、コンサルティングプログラム「Global Business Showroom(GBS)」を運営している。

韓国ICT産業の育成を目的とし、「HOLOMR」を開発したBibimble Inc.のように毎年開発力の優れた中小VR/AR企業を選定、KVRF(KOREA VR FESTIVAL)と連携し海外進出やマーケティングをサポートしていく。