バンダイナムコ研究所とプログラミング教室「LOGY」運営のYoki、中高生対象プログラミング体験イベント「LOGY Makers」を来年1月25・26日に開催

自宅から学べるモノづくり×プログラミング教室「LOGY(呼称:ロジー)」を展開する株式会社Yoki(神奈川県鎌倉市/代表取締役 東出 風馬、以下:Yoki)と、革新的なエンターテインメントを創造するバンダイナムコ研究所(東京都江東区/代表取締役社長 中谷 始、以下:バンダイナムコ研究所)は、2020年1月25日・26日に中学生・高校生を対象としたアイディアソン×プログラミング体験イベント「LOGY Makers(ロジーメイカーズ) with バンダイナムコ研究所」を開催することを発表した。

LOGY Makersは「モノづくりの楽しさ」を広めるため、Yokiが各地で各企業とコラボレーション開催しているプログラミング体験教室。

来年 2020年度に迫ったプログラミング教育必修化に向けて、その熱が高まりつつある。

しかしながらパソコンの中で完結してしまうものや、現実とリンクしないコンテンツがほとんど。

LOGY Makersでは実際の電子基板を使い、手を動かしながら「モノづくり」と「プログラミング」を体験してもらうことを軸にしている。

バンダイナムコ研究所は、新しいエンターテインメントを創出するため、AIをはじめとする先進技術の研究やイノベーションなどの「新たな価値」の創出に取り組んでいる。

未来を創造する学生には「楽しく」プログラムを学んでほしいと考えているなか、バンダイナムコ研究所がLOGY Makersの試みに賛同し共同開催することになった。

今回のイベントでは、一般の参加者が立ち入ることのできないゲーム企画・開発の建物の一部を開放するほか、ゲーム開発資料を公開するなど、学生がワクワクするプログラムを計画している。

イベントではキャリア教育教材「アソビジット」を使用したアイディアソン(アイディアの発案)を行うほか、バンダイナムコ研究所の社員やメンターと共に、最新ハードウェア「obniz Board(オブナイズ ボード)」を使って実装まで行う。

「LOGY Makers with バンダイナムコ研究所」開催概要

開催日

2020年1月25日(土)・26日(日)

会場

株式会社バンダイナムコ研究所

対象

中学生・高校生、または該当する年齢の人

募集人数

各日25名・合計50名(申込者多数の場合は抽選を実施)

参加費

無料

使用教材

アソビジット

「アソビジット」:(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc. (C)The Asahi Shimbun Company (C)Asovisit

「アソビジット」は株式会社バンダイナムコエンターテインメントと株式会社朝日新聞社が共同開発した小中学生向けアクティブラーニング型キャリア教育プログラム。

このプログラムでは、楽しくてワクワクする「アソビ」の商品開発を担当するプロデューサーとなり、アソビ作りのあらゆるプロセスのうち、子どもたちが創造力を発揮できる「企画」の仕事の疑似体験を行うことができる。

obniz Board

「obniz Board」

「obniz Board」はインターネットに繋がり、簡単にIoTを実現できるハードウェア。

このobniz Boardを活用することで、手軽に電子部品やAPIを組み合わせた実用的なプログラミングを行うことができる。

「LOGY Makers」概要

文部科学省が2017年にプログラミング教育について提示してから早くも3年近くが経過し、必修化はついに来年、2020年に迫っている。

しかしながら、保護者からは「聞いたことがあるけれど、実際何なのかわからない」など、その必要性について知る機会、試す機会がないといった声が寄せられていた。

また、そもそもの存在に気付いていない保護者も多いのが事実。

そこで、まずは「プログラミング」とは何か、プログラミング教育とは何かという具体的認知と啓発を図り、全国を通してその体験の機会を提供していくために、バンダイナムコ研究所はLOGY Makersを立ち上げ、CSRプログラムの一環としてイベントの開催している。

株式会社バンダイナムコ研究所 執行役員 堤 康一郎氏コメント

「遊び(エンターテインメント)」というと「勉強」の対義語のようなイメージがありますが、私たちバンダイナムコ研究所は、同じなのではないかと考えています。遊びには必ず一定のルールがあり、遊ぶためにはそれを覚える必要があります。そう考えると、常に新しい「遊び」に貪欲な子供たちは「未来のクリエイター」と言えるのです。これまでにない「遊び」を創造するバンダイナムコ研究所では、今回参加する学生方を同じクリエイターのタマゴとして招き入れ、一緒に楽しく未来を切り開いていきたいと願っています。