カラクリ、“学習するFAQサイト”が作れるAIを搭載した「KARAKURI smartFAQ」を提供開始

カスタマーサポート特化型AI「KARAKURI」シリーズを提供するカラクリ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:小田 志門、以下カラクリ)は、AIでFAQサイトを自動生成・管理できる「KARAKURI smartFAQ」の正式版を提供開始することを発表した。

2019年4月から提供しているβ版は、すでに金融事業者やオンライン教育事業者などに導入されており、「KARAKURI chatbot」との連携により、最短1時間でFAQサイトの作成を実現する。

またこのプロダクトは、特許出願中(特許出願番号2019‐129857)。

カラクリは、カスタマーサポート(以下、CS)業務のデジタル革新を起こす「CS Automation & Optimization 」を実現するため、さまざまなAIソリューションを提供している。

これまでメ​​ルカリ、WOWOW、SBI証券、ニッセン、蔦屋家電、GMOペイメントゲートウェイなど数多くの企業が導入。

2016年より普及しはじめたチャットボットは、矢野経済研究所が2018年に実施した対話型AIシステム市場調査によると2022年には132億円に到達すると言われている。

チャットボットが普及する中、CSの現場では「既存のFAQとチャットボットのナレッジを二重運用」することになり、十分なリソースを確保できない現場で運用負荷が急激に高まっていた。

そこでカラクリは、チャットボット、FAQそれぞれの顧客接点で得られるデータとナレッジを一元管理し、運用負荷を低減させつつ、チャットボット単体・FAQ単体よりも品質の高い自己解決ソリューションを実現した。

「KARAKURI smartFAQ」概要

AIを活用し、ユーザー向けFAQサイトや社内ナレッジベースを構築するソリューション。簡単な設定で、誰でも簡単にFAQサイトの生成・管理ができる。

特徴

チャットボットとの連携が可能!FAQデータを自動反映

「KARAKURI smartFAQ」は、チャットボットとの連携が可能。

チャットボット作成時に登録したQ&Aデータを用いて、FAQサイトを自動生成するので、ナレッジを二重管理する必要はない。

AIによる改善策の可視化!優先順位の高い質問がまるわかり

検索ログ・会話(チャットボット)から、AIが更新すべき質問を知らせる。優先度の高い質問や改善点を可視化するので、更新作業は1日数分で完了する。

検索機能が充実!世界最先端の自然言語処理AI搭載で、ユーザーの自己解決を促進

キーワード検索には世界最高水準の自然言語処理AIを搭載し、従来はキーワードが含まれないと表示されなかったナレッジにもアクセスできるので、ユーザーの自己解決を強力にサポートする。

HTMLの知識不要!誰もが簡単に使えるUIで業務負担を軽減。

FAQトップページは自動生成。ロゴ画像や各オブジェクトの色などは管理画面から任意に設定可能。

スタイルシートやスクリプトの追加も自由にできる。

今後も、カラクリは、「今までにないカラクリで世の中を豊かに」をミッションに、テクノロジーの価値を全ての人が享受できる社会の実現に向けて、世界最先端の研究成果の実用化を加速していく。