子どもの興味と未来の可能性を広げる6,000名限定のイベント『Go SOZO Tokyo 2020 Spring』、2月11日に開催

Go Visionsは、子どもの興味と未来の可能性を広げる体験型イベント『Go SOZO Tokyo 2020 Spring』を2020年2月11日に開催することを発表した。

『Go SOZO』は、子どもたちの興味と未来の可能性を広げるリアルな体験ができる場で、小学生、未就学、中学生と家族が参加できる。

『Go SOZO』について

『Go SOZO』とは、子どもたちの興味と未来の可能性を広げる場として、未就学から中学生までの子どもたちが自分で作ったプログラミングやロボットを発表できるほか、様々なワークショップや企業のプロが届けるアクティビティーを通して可能性を​広げることのできる体験型イベント。

「SOZO」には日本語の「想像(imagination)」と「創造(creation)」の意味があるほか、ギリシャ語で「解放」も意味しており、これまでの慣習や社会の常識によって抑圧を受けてしまっている子どもたちを解放し、自由に想像、そして創造してほしいという想いが込められている。

2019年9月に開催した『Go SOZO 2019 Tokyo Summer』は、初めての開催にも関わらず、約1,100名の親子からの申込みがあった。

40名以上の子どもたちが自由な発想で作った自身の作った作品のプレゼンテーションを行い、プロのゲームクリエイターやエンジニアからのフィードバックに目を輝かせながら耳を傾ける様子が見られた。

また、企業・団体の協力を得て、約10個のワークショップコーナーを用意し、VR体験やプロジェクションマッピングの制作、親子ワークショップなど、子どもたちが普段出会うことのない、可能性を広げる体験を提供した。

『Go SOZO Tokyo 2020 Spring』概要

2019年2月11日(火・祝)に開催する『Go SOZO Tokyo 2020 Spring』では、来場者6,000名を予定しており、前回以上に子どもたちの未来の可能性を広げる場にするために、子どもの多様な興味に応えるワークショップ、アクティビティーが30種類以上。

イベントの詳細内容は12月中旬以降、順次公式サイトに掲載される。

なお、本イベントでは、日本初の取り組みとなる「子どもの興味・夢中を見える化し、個別最適な体験を届けるエデュテイメントTech」を披露が計画されている。

イベント当日は約50名の子どもに、エデュテイメントTechの体験を届ける予定。

日時

2020年2月11日(火・祝) 10:00~17:00

会場

池袋サンシャインシティ 展示ホールA1

対象

3歳〜15歳の子どもとその家族。 なお、体験コンテンツは小学生向けが1番充実している。

想定参加者数

先着順6,000名まで。事前申し込みで達した時点で応募締め切り。

  • 首都圏の小学生と家族がメイン。未就学児も多数来場予定
  • プログラミング/ロボット/YouTube等へ関心のあるアクティブな子どもたち
  • STEM教育/探求学習などの最新教育へ興味のある情報感度の高い保護者

入場料

事前登録 無料/当日入場 500円 (予定)

体験コンテンツの例

  • 3Dプリンタでのものづくり体験
  • ロボット体験ワークショップ
  • レゴランド特別アクティビティー
  • プロジェクションマッピング
  • みんながカメラマン! 撮影した写真が会場内を賑やかす特別な体験
  • 飛行機シミュレーション(JAL提供)
  • ドローンパイロット体験
  • ミラクルボディペイント体験
  • 子どもが夢中になる未来の教育スペシャルライブショー
  • 小学生向けのMBAスクール体験
  • 起業体験! 会場内でお店を開こう!

など、その他にも、普段出会えない体験コンテンツが用意されている。

特設ステージでは、【可能性を広げている子どもたちの発表イベント】も開催予定。

イベントの事前申し込みについて

12月末までの事前申し込みで以下2つの特典がある。

  1. イベントが入場無料!
  2. 豪華商品が当たる抽選2回可能!

豪華賞品は、Nintendo Switchやスマートウォッチ、タブレットなど合計100個のプレゼントが用意されている。

申し込みの注意事項

保護者は、以下について理解および同意の上でイベントに申し込む。

  1. 本イベントは、「子どものやりたい」を圧倒的に尊重。そのため、「やりたい」「興味がある」という子どもの思いを大事にしてもらえる保護者に参加してもらうための工夫が申し込みフォームにされている。同意できない場合は、申し込み自体できない
  2. 2月11日のイベント当日も、保護者に「子どもの可能性を信じる」ためのサプライズの仕掛けが準備されている。

ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。