みんなのコード、コンピュータサイエンス教育の普及キャンペーン「Hour of Code」を日本国内で推進

特定非営利活動法人みんなのコード(東京都港区、代表理事:利根川 裕太、以下みんなのコード)は、2019年12月9日(月)~12月15日(金)の「Computer Science Education Week(コンピュータサイエンス教育週間)」に合わせ、米国の非営利団体「Code.org(コードオルグ)」が主催するグローバルキャンペーン「Hour of Code(アワー・オブ・コード)」の活動に賛同し、日本国内認定パートナーとして、日本全国の活動を推進することを発表した。

今年度のキャンペーンテーマは、「CSforGood(=Computer Science for Good、世の中をよくするコンピュータサイエンス)」。

国連の持続可能な開発目標(SDGs)に定められている「世界を変えるための17の目標」に代表されるような身近な問題を解決するアプリを作ったり、データサイエンスを活用するなど、世の中に対してプラスの影響を与えるためにコンピュータサイエンスを活用する、子どもたちの芽を積極的に応援していく。

日本国内でのHour of Codeの活動の紹介

みんなのコードでは、コンピュータサイエンス教育週間の1週間、以下の活動を実施。

1:グローバルでの最新情報・事例を公式SNSで情報発信

Code.orgによる公式情報や、日本ではまだ馴染みの薄い、SDGsに関するコンピュータサイエンス教育の事例などを、Hour of Codeの公式ウェブサイトやSNSを通じて、情報発信していく。

※本キャンペーンに関するハッシュタグは、 #CSforGood#HourOfCode

2:日本国内でのHour of Code関連イベントの紹介

日本国内でのHour of Codeの活動主旨に賛同する活動や、関連するSNSの投稿を、公式ウェブサイトやSNS(Facebook、twitter)を通じて、全国に紹介していく。

3:日本国内でのHour of Code関連イベント等の支援

企業・個人を問わず、Hour of Codeに関連した取り組みを実施する際の支援を行う。

必要に応じて、Hour of Codeのワークショップの実施マニュアルや修了証、オリジナルステッカーなどの提供も行う。

「Hour of Code(アワー・オブ・コード)」とは

Hour of Codeは、米国の非営利団体「Code.org(コードオルグ)」が提唱する、コンピュータサイエンス教育の普及を目的に推進する活動の1つ。

毎年12月に開催されるグローバルキャンペーンでは、全世界で約5億人の児童・生徒が参加している。

国内においては、日本国内認定パートナーであるみんなのコードが音頭をとり、IT関連をはじめとする民間企業・団体、学校関係者、教育委員会、非営利団体などと連携しながら、本イベントを盛り上げていく。

Hour of Codeは、コンピュータサイエンス教育週間に1時間のプログラミング活動を実施しよう、という意味から名付けられている。

「Dance Party 2019」について

Hour of Codeのウェブサイト上には、子どもたちが無理なくプログラミング活動を楽しめるよう、「アナと雪の女王」や「スター・ウォーズ」などのキャラクターを使った無償教材が多数用意されている。

「Dance Party 2019」のコースでは、キャラクターにダンスの振り付けを振り付けを覚えさせるプログラミングを実行し、自分だけのパーティを創り出すことできる。

バックで流す音楽も、今の季節にピッタリなジングルベルや、イタリアやパレスチナなど世界中の音楽もそろっている。