マイコンボード「SchooMyBoard」教育機関向けのサービスを開始。パートナースクールのモデル校を募集

問題解決に特化したマイコンボード「SchooMyBoard」を活用した教育事業を手掛ける株式会社ライカーズアカデミア(本社:山梨県山梨市 代表取締役CEO:塩島諒輔)は、プログラミング教育を通じて、自ら課題を発見し、新しい価値を作り出し、それを発信していくことを目的とした、創造性を育む教材サービスや授業を小学校から高等学校向けに提供するサービス「SchooMyCLASS」を開始し、サービスを継続で受けることのできるパートナースクールの体験をしてもらうモデル校の募集を開始したことを発表した。

「SchooMyCLASS」開発の背景

IoT、ビッグデータ、ロボット、AI(人工知能)など、新たな技術を活用した社会=ソサイエティ5.0への移行が進む中で、次世代のIT人材の育成と、自ら課題を見つけ、どのようにテクノロジーを活用していき、解決方法を自ら作り、それを発信する能力(創造的問題解決能力)をどのように身につけていくかが、今後の教育の課題になっていく。

2020年より次期学習指導要領での小学校段階からのプログラミング教育必修化、2021年以降の中学・高校でのプログラミング教育の内容強化、また高校での総合的な学習が、総合的な探究の時間に変化する中で、より課題解決に力を入れていく中、そこにどのようにテクノロジー活用を入れていくかなど日本国内でもコンピュータープログラミング教育に注目が集まり、教育機関や地方自治体での取り組みも増えている。

ライカーズアカデミアは、2019年より山梨県教育委員会や、山梨県産業労働部新事業経営革新支援課、県内外の教育機関と連携し、教員向けの講座を実施し、現場でどのように教えていくか、どのような学びが効果があり、どの地域でも行えるのかに取り組んできた。

このほかにも、プログラミング教育が学校に導入されることで懸念されることとして、教員の負担という課題のほかにも、小学校で習得する「プログラミング的思考力」の先の技能・知識の獲得が中学・高校では期待されるが、その教材の質、や導入環境、そして教え手の育成、社会との関わりは十分ではない。

小学校で活用されるScratch(スクラッチ)やロボットを活用した学びにおけるビジュアル言語(ブロックのようなもの)の体験から、テキスト言語やマイコンボードを使った創造的・課題解決的なプログラミングへのスムーズな連携が求められている。

こういった課題に対し、学校の先生に負担をかけず、オンラインでのサポート、学校に伺っての授業支援、地域の魅力化、社会課題に取り組んでいくことを目指し、このサポート教材の開発に至り、さらにその教材を現場に合わせたものにするために、モデル校の募集を行っていく。

「SchooMyCLASS」特徴

ユニバーサルデザイン×プログラミングの教材「スコラム」を使用
  • 機材の購入ではなく、PCとSchooMyBoardのレンタル
  • 学習指導案の提案や、地域との連携、教員向けの講習などのサポート
  • 総合的な探究の時間におけるテクノロジー活用の授業サポート
  • 機材のレンタルや、授業案の作成、地域企業との連携、自治体との連携サポート
  • 専用のビジュアル言語での開発(SchooMyBrock)と、特殊仕様のマグネットコネクタン(SchooMyCLASS限定)でのサポート

「SchooMyCLASS」モデル校の募集要綱

SchooMyCLASSのスタッフが、学校教育機関(小学校〜高等学校)でのSchooMyBoardを活用した学びを行う。

時間は、30分〜180分内で行う活動とし、事務局から講師を派遣することも可能。詳細は要問合せ。

応募期間

2019年12月1日(月)~2019年12月31日(火)

応募対象

新たにプログラミング教育や総合的な探究の時間の準備などを実施予定の小学校から高等学校および教育委員会


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。