SNS型eポートフォリオ「Feelnote」、新スマホアプリを提供開始

教育コンサルティング&クラウドサービス事業を行う株式会社サマデイ(本社:東京都千代田区六番町、代表取締役:相川秀希)は、自社で開発するSNS型eポートフォリオ「Feelnote(フィールノート)」(特許第6028123号、他7件、米国特許 Patent NO.:US 10,268,757 B2)について、iOS、Androidに対応した新しいスマホアプリの提供を開始したことを発表した。

この新アプリは、ユーザー(生徒用)、アドバイザー(教員用)の全機能をカバーしており、今後、AIを使った課外活動のレコメンド機能の搭載など、継続的にバージョンアップを行っていく予定。

Feelnoteは、学習者中心で世界標準のeポートフォリオの開発によって、教育環境の進化・発展を支援する。

※このアプリは、Feelnoteを導入している法人に所属するユーザー、アドバイザー向けとなる。利用にあたっては、法人単位での契約が必要。

「Feelnote」について

SNS型eポートフォリオ「Feelnote」は、SNSで体験をシェアする感覚でライフログを蓄積することで、気軽に一生モノのポートフォリオが作成できるシステム。

現在、国内の中高生、大学生に幅広く活用されている。

Feelnoteアプリで使える主な機能

ユーザー(生徒用)

  • ライフログで記録する:SNSの感覚で、テキスト、写真、添付ファイルなどを使って気軽に学びと活動の記録を投稿することができる。共有先は投稿ごとに自由に設定可能。
  • ポートフォリオにまとめる:蓄積された記録を使って、活動の履歴を証明する「ポートフォリオ」を作成・編集できる。投稿された期間を指定してひとまとめにしたり、同じタグが付いている投稿だけを集めて一気にまとめたりすることもできる。
  • 作成したポートフォリオを書き出す:編集したポートフォリオは、データとしてダウンロードしたり、限定公開URLを発行したりすることができ、大学入試や就職活動等でも活用可能。
  • 課題に取り組む:アドバイザー(教員)から送られてきた課題に取り組むことができる。学校の課題も貴重な記録として蓄積される。
  • いいね・コメントする:他のユーザーの投稿に対して、いいねをしたり、コメントをつけたりすることができる。
  • 検索する:他のユーザーの投稿やポートフォリオをキーワード等で検索することができる。同じ関心を持つユーザーがつながるきっかけにもなる。

アドバイザー(教員用)

教員用のアドバイザーアカウントでは、ユーザーと同じようにライフログ投稿やポートフォリオ作成ができることに加え、次のことが可能。

  • 課題を出す:ユーザーに対して、課題を出すことができる。課題は添付ファイルをつけたり、期限を設定したりすることができ、提出された回答を一括ダウンロードすることも可能。
  • グループをつくる:特定のユーザーだけをまとめた新しいグループを作成。例えば、部活やゼミなどでグループをつくると、そのメンバーだけに投稿を共有することができるようになる。
  • メッセージを送る:グループへの一斉メッセージや、ユーザーへの個別メッセージを送ることができる。