日本語学習動画プラットフォーム「BondLingo」を運営するボンド、資金調達を実施

日本語学習動画プラットフォーム「BondLingo(ボンドリンゴ)」を運営するボンド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:住吉良介)は今後増加する外国人受け入れに対しプレシリーズAラウンドにて株式会社明光ネットワークジャパン(代表取締役社長:山下 一仁、本社:東京都新宿区、以下、明光ネットワークジャパン)、独立系ベンチャーキャピタルのPE&HR株式会社(東京都千代田区麹町、代表取締役:山本亮二郎)が運営するSocialEntrepreneur3投資事業有限責任組合を引受先とする資金調達を実施したことを発表した。

投資資金は、事業拡大に活用する予定。

BondLingo(ボンドリンゴ)とは

「BondLingo」は日本語学に特化した動画学習プラットフォーム。

日本語学習に留まらず、日本で働くためのビジネスマナーや専門用語などの講座もあり、今後増加傾向にある外国人に対しての日本語を軸としたプラットフォームとなっている。

また、企業向けにはLMS(Learning Management System)機能を搭載し、学習者の学習状況、進捗及び、模擬テストの結果を確認していくことが可能。

SNSメディアでは90万人以上のフォローワーがついており、これまでの総動画視聴回数数は約5000万再生以上にのぼりアジアを中心に広く認知されている。

今後もサービス、メディアを拡大し、日本と海外の架け橋になれるよう事業を拡大していく。

今後の展望

ボンド株式会社は、世界と日本を繋ぐをミッションに事業を進めており様々なコンテンツを発信してきた。

特にアジアにおいては、とても高いプレゼンスを誇っており、毎日日本への留学希望者や、日本でのVISAの取得方法、日本語学校等の問い合わせが多数寄せられている。

少子化、高齢化、人材不足が日本の課題となっている中、日本語教育推進法や新たな在留資格「特定技能」の法案可決を受けてますます日本語のニーズも高まってきており、教育の側面から貢献していくことを目指す。

Youtubeチャンネル


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。