FIDOに対応した指紋認証デバイス「BioPass FIDO2」とクラウド本人認証「マガタマサービス」を連携、文教市場のChromebook活用をよりシンプルな認証で安全に

指紋認証を始めとした様々なセキュリティ・ソリューションを提供する株式会社ディー・ディー・エス(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:久保 統義、以下 DDS)は、飛天ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:李 戦海、以下 飛天ジャパン)が提供する次世代オンライン認証規格FIDO(Fast IDentity Online)に対応したパスワード不要の指紋認証デバイス「BioPass FIDO2」と、同じくFIDOに対応したクラウド本人認証「マガタマサービス」を連携し、文教市場で採用が拡がるChromebookをシンプルな認証で安全に使えるよう、両社でサポートしていくことを2019年11月28日に発表した。

マガタマサービスとBioPass FIDO2、連携の背景と内容

昨今、2020年から適用される次期学習指導要領を見据えたICT環境の整備が、文教市場において着々と進んでいる。

また、特に設置場所を指定しない可動式のコンピュータでは、ファイルやデータが共有可能で管理やセキュリティもしっかりしていることや、価格的にも安価であることから、海外の教育現場で高い評価を受けているChromebookの採用が、日本の教育現場でも進んできている。

※文部科学省の「教育の情報化に関する手引」検討案では目安台数は40台/校と記載されている。

「マガタマサービス」、「BioPass FIDO2」両製品の連携により、ChromebookのOSログオンに加え、授業で利用するSaaSアプリケーションの認証において、FIDO2に対応した生体認証で簡単かつスピーディにログインすることができる。

タイピングが難しい低学年の児童でも、複雑なパスワードの記憶や入力を行わずに安全にID認証を行うことが可能。

また、限られた台数のChromebookを共用で使用する場合においても、認証に必要な情報は「BioPass FIDO2」内部に保管されているため、どのChromebook端末においても個々人のアカウントに安全にログインすることが可能となる。

FIDOでは利用者の生体情報をサーバに保管する必要がないため、利用者や保護者の方々のプライバシーに配慮した運用が可能。

今後、この連携ソリューションは株式会社大塚商会などのソリューションプロバイダーを通じて販売していくとともに、DDS、飛天ジャパンの両社にてサポートしていく。

Youtubeチャンネル


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。