G’s ACADEMY TOKYOとSOMPOホールディングス、第6期の社会人向けデータサイエンティスト養成講座を開講

IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を展開するデジタルハリウッド株式会社が運営をする、起業家・エンジニア養成のプログラミングスクール『G’s ACADEMY TOKYO』(ジーズアカデミートウキョウ) と、SOMPOホールディングス株式会社は2020年1月7日(火)より社会人向けの実戦型データサイエンティスト養成講座『DATA SCIENCE BOOTCAMP第6期』を共同開講することを発表した。

『DATA SCIENCE BOOTCAMP』について

この講座はこれまでに5回開講しており、100名を超えるデータサイエンティストを輩出してきた。

いずれの回も、短い申込期間にも関わらず定員の2倍を超える応募が殺到している。

入学審査によって選抜された25~30名の受講生は、まず1.5か月間の集中講義でデータサイエンスの基礎を学ぶ。

その後、SOMPOホールディングスが保有するビッグデータを利用して実際の新規ビジネス企画を提案するProject Based Learning(実践演習)を通して、実務レベルのデータサイエンティストを目指す。

3か月のカリキュラムの最後には、データを活用した新規ビジネス企画を発表するDEMO DAYを開催し、優秀者にはSOMPOホールディングスのSOMPO Digital Labメンバーとしてデータサイエンティストのキャリアをスタートできるチャンスを提供する。

カリキュラム

全3か月のカリキュラムの前半は平日夜・週2回の講座を開講し、AIアプリケーションの実践的な開発を通してデータサイエンスの基礎から応用までを身に付けることができる内容となっている。

また、「データサイエンス」スキルの保有者は、今後データサイエンティストと機械学習エンジニアへの分化が進んでいくと考えられることから、両分野に共通する基礎と、両分野の違いを理解することも目的としている。

更に、SOMPOホールディングスにおけるデータサイエンティストの働き方を知る機会があり、実際の業務イメージを持ってカリキュラムに取り組むことができる。

カリキュラム後半ではSOMPOホールディングスが保有する実際のビッグデータを活用し、データドリブンな新規ビジネス企画の提案を行う(Project Based Learning)。

個人での開発に加え、メンターがついてのチーム開発を通じて実践演習を行う(メンターはWebページ上で随時発表)。

最終のDEMO DAYでの優秀者にはSOMPOホールディングスのデータサイエンティストとして登用される道が開かれる。

また、データリテラシーの高い人材を継続的に社会に輩出し、さまざまな産業のICT化・デジタル化を推し進めることに貢献すると同時に、卒業生によるコミュニティを形成して、データビジネスを行う企業のネットワーク化も推進していく。

開講日

2020年1月7日(火)

期間

全12週間(前半1.5か月は週2回の講義あり)※日程はWebページを要確認。

定員

25~30名

受講料

一般110,000円、G’s ACADEMY卒業生55,000円(税込)

※すべてのカリキュラムを修了後、50,000円の祝い金が支給される。

入学資格

  1. データサイエンスへの強い興味
  2. デジタル技術を活用した事業創造・新規事業への強い興味
  3. Python基礎の理解

※書類選考が行われる。また、その他の言語(Rなど)の経験者はPython入門レベルでもOK。

会場

  1. G’s ACADEMY TOKYO BASE
  2. SOMPOホールディングス株式会社

Youtubeチャンネル