スクール専用業務管理&コミュニケーションアプリ「Comiru」、保護者400名に塾への満足度調査を実施。退塾経験者の不満要因1位は「子供の成績向上」ではなく「塾からの報告頻度」

株式会社POPER(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:栗原慎吾)が提供する、スクール専用業務管理&コミュニケーションアプリ「Comiru(コミル)」は、学習塾に通う小学生・中学生の子どもを持つ保護者男女400人を対象に、「塾への満足度調査」を実施、結果を発表した。

この調査は、退塾経験者200名、退塾未経験者200名へ行っており、その結果から保護者が退塾を決める原因・退塾につながりやすい不満点についても分析している。

「塾への満足度調査」サマリー

受験シーズンの到来まであと2ヶ月と、子どもを持つ保護者や教育関係者の受験本番ムードが高まっている。

これから塾選びを迎える保護者も増える中、今回は、既に塾に通う子どもを持つ保護者を対象に「塾への満足度」に関するアンケート調査を実施した。

塾選びの際に重視する点TOP3は「通いやすさ」「カリキュラム」「相性」

子どもの塾を選ぶ際に重視したことのTOP3は、「家から近いか、通いやすい(59.0%)」、「子どもに合うカリキュラムがある(58.3%)」、「先生と子供の相性が良い(48.0%)」。

一方、「入塾後にギャップを感じた」と答えた人が半数以上。ギャップを感じたことTOP3は「価格」「カリキュラム」「先生と子供の相性」だった。

退塾経験者の4割以上が、塾からの「報告頻度」に不満

過去に退塾した塾について満足度をたずねたところ、「やや不満」「非常に不満」と答えた人が最も多かった項目は「指導内容・塾での様子・苦手なところの報告頻度(合計41.5%)」。

「学力・成績の向上」よりも不満を感じている人が多く、退塾に繋がる不満要因となっている可能性が高い。

月1回以上、保護者面談がある人はわずか13.5%

塾との面談頻度については、「月に1回程度(6.0%)」「週に1回程度(1.0%)」、「週に数回(1.5%)」、「都度実施(5.0%)」と、月1回以上、保護者面談がある人はわずか13.5%・退塾の要因になるにもかかわらず、多くの塾が保護者とのコミュニケーションに時間を使えていないという実態が判明。

保護者への連絡手段は未だにアナログが主流

塾からの保護者への連絡方法は「子供が持ち帰るプリントや手紙」が56.5%と最も多く、電話や郵送物を合わせるとアナログな連絡手段を取っているケースが7割を超える。

「メール」は19.5%、「LINE」を活用している塾はわずか4.8%。

まとめ

  • 保護者は、入塾前・後でネガティブなギャップを感じている。
  • 塾選びの段階ではあまり重視されていない「指導内容等の報告」や「面談頻度」が、入塾後に不満要因となるケースが多い。
  • 塾から保護者へのコミュニケーションの不備は、退塾に繋がる不満要因にもかかわらず面談頻度が少ない・アナログな連絡手段のままなど、塾側が保護者の希望に応えられていない。

「塾への満足度調査」調査概要

調査の方法

WEBアンケート方式

調査の対象

学習塾に通う小学生~中学生の子どもを持つ保護者400人(全国・男女)

有効回答数

400(退塾経験者200、退塾未経験者200)

調査実施日

2019年10月

調査主体

スクール専用業務管理&コミュニケーションアプリ「Comiru」