LINE、宮城県・仙台市教育委員会と共同開発した「みやぎ情報活用ノート」中学校編を公開

LINE株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤剛)は、宮城県教育委員会および仙台市教育委員会と情報活用能力育成のための教材「みやぎ情報活用ノート」の中学校編を共同開発し、本日より無償で提供を開始したことを発表した。

LINEと宮城県教育委員会、仙台市教育委員会は、「情報活用能力」を育成することを目的に、教育工学・情報教育・メディア教育などの分野を専門とする有識者である、東北大学大学院 堀田龍也教授、東北学院大学 稲垣忠教授、宮城教育大学 安藤明伸教授、静岡大学 塩田真吾准教授の協力のもと、「みやぎ情報活用ノート」を作成している。

2019年3月に第一弾として公開した小学生向けの教材に続き、今回第二弾として中学生向けの教材を公開。

「みやぎ情報活用ノート」は、新学習指導要領を踏まえ、活動スキル・探究スキル・プログラミング・情報モラルの4つの分野を1冊にまとめており、各分野を横断し総合的な学習を可能とすることで、これからの情報化社会で活きる情報活用能力の育成を目指す。

この教材は、仙台市教育委員会のホームページから、だれでも閲覧・活用が可能。

「情報活用ノート」中学校編 詳細

各教材の特徴、ねらい

活動スキル編

情報手段を活用するための基礎的な知識・技能を養う内容。

2020年から施行される新学習指導要領において、中学校の数学でデータ活用領域が強化されたことを受け、

  • データの集め方の精度を高めるアンケートの作り方
  • 図書や新聞のメディアの特徴を理解した情報の集め方
  • は表計算ソフトやアプリを用いてそれらのデータを表やグラフに整理する方法

を発展的に学ぶことができる。

探究スキル編

課題を設定・発見し、解決に必要な情報を集めて整理・分析し、その結果をまとめ・表現する力を養う内容。

文字・写真・動画などのメディアの特徴を確認したうえで、それらを活かした効果的なプレゼンテーション方法を検討する演習を行う。

また、学びの過程を自己評価し、他者からのアドバイスを踏まえた「振り返り」を行うことで、様々な活動の基礎となる改善策の立て方を身に着けることを目指す。

プログラミング編

コンピュータをより適切、効果的に活用していくための仕組みを知り、主体的な活用に結びつけられる内容。

新学習指導要領への移行期間ということを考慮し、これまで中学校でプログラミング教育を扱ってきた「技術・家庭科(技術分野)」以外の教科でも学べる事例を紹介している。

具体的には、数学において、各学年で学習する単元の狙いを踏まえながらプログラミング要素を取り入れることで、情報の関連付けや試行錯誤の力を養うことを目指す。

情報モラル編

情報技術の役割・影響の理解や情報社会で適切に活動するためのもととなる態度を養う内容。

未来の暮らしを考える過程で、これまでの情報技術の進展によりコミュニケーション方法など変化したものを確認するとともに、その中で気をつけるべきこととしてマナーやモラルに焦点をあて、基本的には変化しないものに気付かせる内容となっている。

また、ネット上のサービスを利用する際のシミュレーションを行い、アカウントの作成時における入力情報やプライバシーポリシーのチェック、写真の公開の仕方など、具体的な利用シーンを想定した中で注意すべきモラルについても実践的に学ぶ。


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。