慶應義塾大学、これからの大学教育やMOOCについて考えるシンポジウムを11月20日に開催

慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究センター(DMC 研究センター)は、2019年11月20日(水)に「DMC 研究センターシンポジウム―第9回 大学教育のミライ:オープンエデュケーションのその先へ」を開催することを発表した。

「DMC 研究センターシンポジウム―第9回 大学教育のミライ:オープンエデュケーションのその先へ」概要

慶應義塾大学は、2016年、英国に本部をおくグローバルなソーシャルラーニングプラットフォームであるFutureLearnのパートナーとなり、現在までに7つのコースを開発、開講してきた。

190カ国から述べ6万人以上が登録し、世界中から多くの学習者が慶應のコースを通して活発にコミュニケーションをとりながら学んでいる。

また、既に国内の複数の大学がedX、Courseraといったそれぞれ特色のあるグローバルなMOOCプラットフォームで学びの場を提供している。

この小さなシンポジウムでは、慶應義塾大学を含むいくつかの大学での経験を共有し、参加者とともに、これからの大学や学びについて考える。

主催

慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ(DMC)統合研究センター

開催日時

2019年11月20日(水)14:00〜19:00(含・交流会)

(プレイベント:12:30〜13:45 ラーニングデザインワークショップ)

開催場所

慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎2F大会議室

「DMC 研究センターシンポジウム―第9回 大学教育のミライ:オープンエデュケーションのその先へ」プログラム詳細

※司会進行:安藤広道(慶應義塾大学文学部教授・DMC研究センター副所長)

13:30 開場

14:00-14:15 挨拶

  • 青山 藤詞郎(慶應義塾常任理事)
  • 重野 寛 (慶應義塾大学理工学部教授/DMC研究センター所長)

14:15-15:30 講演〜グローバルMOOCの経験から〜

グローバルMOOCでコースを開講し、世界に開かれた学びを届けている大学の担当者・コース担当者が登壇し、知見や経験を共有する。

大学、受講者、教育者、運営側等、それぞれの視点から、MOOCは大学にとって何なのか、どのような「場」になるべきなのか参加者と考える。

  • 大川 恵子(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授/DMC研究センター副所長)
  • 森 秀樹(東京工業大学教育革新センター准教授)
  • 藤本 徹(東京大学大学院情報学環・学際情報学府講師/大学総合教育研究センター講師)
  • 佐々木 孝浩(慶應義塾大学付属研究所斯道文庫・文庫長)

15:30-16:00 デモ説明・休憩

16:00-16:30 パネルセッション1:オンライン教育が大学をどう変える?

MOOCを含むオンライン教育の可能性、有効性はすでに広く認知されているが、日本での大学教育への影響はまだ限定的という現状がある。

今後、大学の担う役割にどのように貢献できるのか?また、日本においてそれを実現するためには何が欠けているのか?

マイクロクレデンシャルやブレンデッドラーニングなどにも触れながら議論する。

パネリスト

  • 森 秀樹(東京工業大学教育革新センター准教授)
  • 藤本 徹(東京大学大学院情報学環・学際情報学府講師/大学総合教育研究センター講師)
  • 大川 恵子(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授/DMC研究センター副所長)

モデレータ

重野 寛 (慶應義塾大学理工学部教授/DMC研究センター所長)

16:30-17:45 パネルセッション2:オンラインで世界に開く日本の文化財

近年、大学や研究所等の研究機関の活動のひとつとして、文化財の保存・活用を図るためのデジタルデータ化やアーカイブ化が進められている。

このセッションでは、MOOCでの取り組みを含め、教育の視点から文化財を捉え、国内に存在する多様な文化財を世界に発信・共有していくことの意義、挑戦、今後について議論する。

パネリスト

  • 松田 隆美(慶應義塾ミュージアム・コモンズ機構長/慶應義塾大学文学部教授)
  • 本間 友(慶應義塾ミュージアム・コモンズ専任講師/慶應義塾大学アート・センター所員)
  • カラーヌワット・タリン(ROIS-DS人文学オーブンデータ共同利用センター、国立情報学研究所特任助教)

モデレータ

宮北 剛己(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任助教/DMC研究センター研究員)

17:45-18:00 クロージング

18:00-19:00 交流会・デモ

慶應義塾大学が開講している各コースを説明するデモブースを中心に自由に議論できるカジュアルな交流会。

《プレイベント》「Keio-FutureLearnラーニングデザインワークショップ」概要

シンポジウムに先立ち、慶應義塾大学FutureLearnチームがコース開発の第1ステップとして担当教員とともに必ず実施している、ラーニングデザインワークショップのミニ版を体験セッションとして開催。

このワークショップは、英国のKings College Londonが開発し、FutureLearnがカスタマイズしたものをベースに、Keio-FutureLearnチームがローカライズして利用しているもの。

主催

慶應義塾大学FutureLearnチーム

開催日時

2019年11月20日(水)12:30〜13:45

開催場所

慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎2F中会議室


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。