ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム、家庭で楽しくプログラミングを学べる特設サイト「CODEPARK」公開

ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(会長:梅田 成二、日本マイクロソフト株式会社 執行役員 コンシューマー&デバイス事業本部 デバイスパートナー営業統括本部長、以下:WDLC)は、今回、家庭で楽しくプログラミングを学べる特設サイト「CODEPARK(コードパーク)」を公開したことを発表した。

2020年4月より小学校で必修化されるプログラミング教育。

WDLCでは、より多くの子供たちがプログラミングに関心を持ち、楽しく学んで欲しいという思いから、子供たちから保護者まで親しまれている東大卒クイズ王の伊沢拓司さんをアンバサダーとして起用、家庭で学べるプログラミングコンテンツが満載の特設サイト「CODEPARK」を公開した。

「CODEPARK(コードパーク)」特徴

初心者でも大丈夫!今年のクリスマスを盛り上げるプログラミング コンテンツを「CODEPARK」で公開

プログラミングで制御できる、手のひらサイズの小さなマイクロコンピュータ “micro:bit” を使用し、蓋を開けると音楽が流れる「プレゼントボックス」や、パーティーが盛り上がること間違いなしの「相性診断装置」をはじめ、クリスマスに向けて、家族や友達とクリスマスパーティーを盛り上げられるものを “プログラミング” で作ってみるきっかけとなる様々な楽しい作品が公開される予定。

伊沢拓司さんをアンバサダーとして起用。出演体験動画も公開

東大卒クイズ王としても著名な伊沢拓司さんが、自身も初体験となるmicro:bitを使った様々なプログラミングコンテンツを体験し、プログラミングしたもので遊んでみる、という動画を年末まで 2話にわたり公開予定。

第1話の動画では、クイズ王ならではの「早押しボタン」をプログラミングで作る作品、第2話ではクリスマスパーティーを盛り上げる作品づくりに挑戦している。

冬休みに挑戦!「親子でmicro:bitにチャレンジ ドリル」

CODEPARKで公開されるサンプルコードは、ドリルという形でダウンロードできるようになっている。

今までプログラミングを体験したことがない人でも、印刷して手元にドリルを置き、準備に必要なことや、手順を確認しながら親子でプログラミング体験を進めることができる。

  1. 「子供たちが家庭や学校ですぐにやってみたくなる作品」であること
  2. 「お金をかけず、身近なものや、100円ショップやネットショップで手軽に手に入るものを使う」こと

の2点を主軸にした作品なので、だれでも気軽に楽しむことができる。

また、親子で始めるのも少し不安がある人のために、一部の家電量販店でも、このドリルを使った体験イベントが予定されており、詳細の日時や場所は今後 CODEPARK 内で公開予定。

保護者向けのプログラミングに関する情報発信

2020年度から大きな教育改革がはじまり、小・中・高でプログラミング教育が必修・拡充される。

CODEPARKでは、プログラミング教育を受ける子どもを持つ保護者向けに対しても情報発信を行い、「なぜ、プログラミング教育が始まり、何を学び、何が身につくのか」、「そのために親としてどんなサポートができるか」など、今後の IT 教育に関する不安を解消する Q&A を用意している。

来春に向けて

2020年春には、小学校でのプログラミング教育必修化に備え、さらなるコンテンツの拡充とともに、子ども達が自分で作成したプログラミング作品を投稿できる仕組みも導入予定。