「EF EPI英語能力指数2019年版」公開、日本の順位は100か国中53位で9年連続下落

世界110か国以上で海外留学、語学教育、学習研究、文化交流、教育旅行事業を展開する国際教育事業のリーディングカンパニー、イー・エフ・エデュケーション・ファースト(日本法人イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社〈本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:サンチョリ・リー〉、以下「EF」)は、世界100か国・地域、230万人の英語テストビッグデータを活用した、英語能力のベンチマーク、「EF EPI英語能力指数2019年版」を公開した。

「EF EPI英語能力指数2019年版」概要

EF EPI英語能力指数(EF English Proficiency Index)は、EFが公開・提供する無料のオンライン英語能力測定テストEF SET の前年度受験データを元に、非英語圏の国と地域における英語能力を経年的に計測・追跡するためのベンチマークとして毎年発表しているもの。

指数(EF EPIスコア)の世界ランキングと、指数分布をもとに全参加国の英語レベルを5段階に分けた英語能力レベル、EPI指数と外部指標の比較や国・地域別動向をまとめた分析レポートから構成されており、2011年の初版以降これまでに8版が公開されている。

受験者数230万人、調査対象国100か国・地域へと拡大した2019年のランキングでは、オランダが世界ランク1位に返り咲いたほか、5段階の能力レベル最高位の「非常に高い英語能力」に位置付けられた国は過去最高の14か国に上り、世界全体の英語能力は引き続き上昇傾向にあることが示された。

一方、日本の英語能力指数は前年より0.29ポイント下落の51.51 (前年実績51.80)、順位は100か国中53位(同49位)となり、参加国の拡大にともなう順位下落が顕著な結果となった。

なお2019年版レポートに合わせて、13~22歳までの全日制学校に通う35万人の学生の英語能力テスト結果を分析した関連レポート「EF EPI-s」も同時に公開されている。

EF EPI 英語能力指数2019年版の主なポイント

参加国・地域の拡大にともない日本のランキング下落が顕著に

2011年の初版では、全44か国中14位(EF EPIスコア54.17、「標準的な英語能力」)であった日本の順位は、9年連続で下落。

最新版では、全100か国中53位(EPIスコア51.51、「低い英語能力」)となり、参加国・地域の拡大にともなう順位下落と受験者数拡大によるスコア下降が鮮明になった。

受験者数は対前年77%アップの230万人、調査対象国・地域は100か国に拡大

アジア、アフリカ地域を中心に調査対象が12か国増え、総参加国は100か国・地域に拡大。前年比でEF EPIスコアが大幅に上昇(2ポイント以上)した国は11か国に上る一方、大幅な下落はわずか4か国にとどまった。

「非常に高い英語能力レベル」に位置付けられた国は過去最多の14か国となり、世界全体の英語能力は引き続き上昇傾向にあることが見てとれる。

あらゆる業界で英語に対する需要は高く、職種間の英語能力差は固定化傾向に

行政サービス、教育事業を除く多くの業種間の英語能力の差は、最大でEPIスコア10ポイント以内に収まっており、あらゆる業種で英語ニーズが高いことがうかがえる。

一方、流通・販売や総務・事務などある一定の職種では他の職種に比べ平均的な英語能力が大幅に低く、職務間の差が顕著になりつつある。

学校向けレポート「EF EPI-s」では年齢や学習過程、スキル別の英語習得状況を分析

関連レポートEF EPI-sでは、43か国、数千校に在籍する35万人の学生の受験データをもとに英語スキルの習得状況を分析、公開している。

全学生の傾向として、リーディングスキルよりもリスニングスキルが先行して上達する傾向にあり、年齢が上がるにつれてその差は顕著になっていく。

また13歳までの英語能力に大きな差はないものの、14~15歳の2年間の伸びに大きな差が見られ、16歳までにCEFR B1以上を達成している学生はその後も継続して英語能力が伸びる傾向にあり、逆に16歳以降に低い英語レベル(CEFR A1~A2)を脱却しより高いレベルに達成する生徒の数はかなり少なくなる。

サンチョリ・リー代表取締役社長のコメント

今年のレポートでも、日本と他国との相対的な差が顕著に表れる結果となりました。2020年から学校の英語教育が変わりますが、学校や地域など学習グループごとの語学習得状況を測ることができれば、より効果的な学習法やカリキュラムの開発につながると期待しています。また、弊社の英語テストEF SETでは、安定的なオンライン環境さえ整えば誰でも、いつでも、何度でも受験することが可能です。

既存テストが抱える地理的制約や受験料への懸念もありません。ぜひ一人でも多くの語学学習者に、CEFR基準に照らして今の自分の立ち位置を知るツールとして活用してほしい。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録