東芝と東京大学、AI技術者教育プログラムを開発。東芝グループで導入し2022年までに2,000人のAI人材を育成へ

株式会社東芝は東芝グループのAI技術者育成を強化するため、国立大学法人東京大学大学院情報理工学系研究科と共同で「東芝版AI技術者教育プログラム」を開発し、2019年12月より東芝グループで導入することを発表した。

このプログラムでは、最新のAI手法を学ぶだけでなく、東芝グループが保有する現場のリアルなビッグデータを用いた実践演習により、ビッグデータの利活用を推進できるAI技術者を育成・増強する。

東芝グループは今後、本プログラムをはじめとするAI技術者育成の強化により、グループにおけるAI技術者を現状の750人から2022年度までに約3倍となる2,000人へ増強し、AI研究開発の質の向上と規模拡大により、世界有数のCPSテクノロジー企業への変革を推進していく。

「東芝版AI技術者プログラム」開発の背景と内容

昨今、製造現場や社会インフラをはじめとして、あらゆる産業分野においてAI技術の活用が進んでいる。

一方で、国内外のAI技術者の不足が深刻化しており、経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると国内ではIoTやAIを担う先端IT人材が2020年度には約4.8万人不足すると報告されている。

こうした状況の中、AI技術開発を支え、その普及を推進する人材の育成が急務となっている。

東芝は、半導体から社会インフラ設備までの幅広い事業活動を通して蓄積した設計・製造データと基盤技術を融合したAIの研究開発を進めており、WIPO(世界知的所有権機関)報告書2019においてAI関連特許の累計出願数が世界第3位と報告されるなど、AI分野において高く評価されている。

東芝は今後AIの研究開発を一層進めていくためには、さらなるAI技術者の強化が必要であると考えている。

そこで、東京大学大学院情報理工学系研究科がNEDOの委託事業で実施している「実データで学ぶ人工知能講座(AIデータフロンティアコース)」の社会人教育で培った知見と、東芝がこれまでAI技術開発で培った知見を融合させることで、「東芝版AI技術者プログラム」を2019年7月に開発。

このプログラムでは、古典的な機械学習から最新のディープラーニングに至るAI手法を学ぶだけではなく、東芝グループが保有する現場のリアルなビックデータを分析する機会を提供することで、より実践的なAI技術の習得を可能。

これにより、ビッグデータの利活用を推進できる優秀なAI人材を短期間で育成する。

AI技術者の増強

東芝は、今年12月よりこのプログラムをグループで導入し、年間100人規模でAI技術者を育成する。

今後、このプログラムに加えて、社内教育等を実施することでAI技術者育成し、東芝グループのAI技術者を現在の750人から2022年度までに2,000人へと増強する。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録