毎日新聞社とサードウェーブ、eスポーツを通じ高校生の成長に寄与する「一般社団法人 全国高等学校eスポーツ連盟」設立

株式会社毎日新聞社と株式会社サードウェーブは、eスポーツがもたらす教育的価値を啓発し、eスポーツを通して​高校生の成長に寄与し、社会で活躍する人材育成をえるため、一般社団法人全国高等学校eスポーツ連盟(Japan High School Esports Federation:略称JHSEF ジェセフ)を設立し、事業を開始したことを発表した。

JHSEFは、ユニバーサルスポーツとして、あらゆる高校生がeスポーツを通して​個人の能力を磨き、仲間との協調性を高める環境を作り、​eスポーツが日本の新しい文化として​社会に根付くことを目指す。

​理事長には尚美学園理事長で、尚美学園大学学長の久保公人氏(元文部科学省青少年スポーツ局長)が就任し、教育関係各方面、諸団体、公的機関、企業とも手を携え、高校生の課外活動としてのeスポーツを支え、「eスポーツ」の健全な発展と、「eスポーツ」という新しい文化の普及を図る。

教育的活動では、はじめに、北米を中心にeスポーツを活用した教育機会を開発・提供する北米教育eスポーツ連盟(North America Scholastic Esports Federation:略称 NASEF ナセフ)との提携を図り、eスポーツを通じた国際交流などに取り組む。

「一般社団法人 全国高等学校 eスポーツ連盟」概要

理事長

久保公人(くぼ きみと)

京都大学法学部卒業。文部科学省在任中は、教育助成局施設助成課長、高等教育局主任大学改革官、同私学部私学行政課長、生涯学習政策局政策課長、同生涯学習総括官、大臣官房人事課長、高等教育局担当審議官、スポーツ・青少年局長などを歴任。

米国NSFフェロー、北九州市企画局長も務めた。

2016年4月より尚美学園理事長、尚美学園大学学長、日本高等教育学会会員。

設立

2019年11月1日

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録