レアジョブ、インプットとアウトプットを連動させたビジネス英会話プログラム「サーキットトレーニング」β版の試験提供を開始

英語関連事業を運営する株式会社レアジョブ(以下、レアジョブ)は、米国のVoxy,Inc.の英語学習サービス「Voxy」に対応した、ビジネス英会話総合学習トレーニング「サーキットトレーニング」を開発、2019年10月より順次法人企業限定でβ版として試験提供を開始したことを発表した。

レアジョブ、「サーキットトレーニング」開発の背景

レアジョブは、「日本人1,000万人を英語が話せるようにする。」をサービスミッションに、誰しもが英語を話せるようになるためのサービス開発を追求している。

英語学習の成果を高めるためには、学習の“質”と“量”を適切に担保することが重要。

レアジョブでは、英語習得のプロセスを「アセスメント(英語力の評価)」「レコメンド(学習内容の推奨)」「学習の提供」「学習継続の支援」の4つに分解し、これらを一貫して提供していくことを目指している。

レアジョブはこれまでは自社のオンライン英会話サービスを中心に「学習の提供」を行ってきたが、さらなる充実を目指し、国内外問わず、優れたEdTechサービスと提携を積極的に行っている。

今回、2019年3月にOEM契約を締結したVoxy,Inc.と連携し、新しい英語学習プログラムの開発を実現。今回の試験提供を通じ、レアジョブは今後さらなるサービスの拡大を進めていく方針。

「Voxy」について

「Voxy」は、世界150カ国で400万人以上が利用する英語学習サービス。

インプット学習コンテンツの種類やテーマが豊富に用意されている。また、AIが学習者のレベルや回答内容などを分析して、個人最適化された学習プログラムを作成。

学習者は、自分の習熟度に合わせて学習を進められるのも特徴である。

「サーキットトレーニング」とは

サービス画面イメージ

「サーキットトレーニング」は、インプット学習とアウトプット(オンラインレッスン)を完全に連動させた、ビジネス英会話総合学習トレーニング。

これまで、単語やフレーズなどのインプット学習については、受講者が別教材で実施する必要があった。

「サーキットトレーニング」は「事前インプット」「準備トレーニング」「ライブレッスン」を一貫したプログラムとして提供できるので、ビジネス英会話を総合的に習得することが可能になる。

主な特徴

  • ビジネスシーンに特化したトレーニング
  • 第二言語習得理論に基づく「インプットーアウトプット」連動型学習

今回はまず英語初級者を対象に開発されたが、このサービスの今後の展開や、対象レベルの拡大については順次検討予定。

「サーキットトレーニング」β版試験提供概要

試験提供開始

2019年10月より順次

対象

「レアジョブ英会話」法人向けサービス 「ビジネス英会話コース」利用企業の一部

今後の展開

試験提供による効果検証の結果をふまえ、順次決定

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

WRITERこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。