LINE、無料プログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」一般公開をスタート

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、10月31日、プログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」の一般公開をスタートしたことを発表した。

「LINE entry」概要

LINEは、2020年度からの小学校プログラミング教育必修化の流れも受け、ICTを自ら新しく創り出すための能力を培い、未来のデジタル社会をより良いものにするための担い手の育成を目指し、今夏、プログラミング教育に参入することを発表。

専任講師が学校のプログラミングの授業をサポートする出前授業の事前申込受付を教育関係者を対象に開始し、すでにいくつかの小学校で出前授業を実施、訪問した学校の先生からは「進行用のスライドやガイドブックがあるので自分でも授業できそう」、子どもたちからは「楽しかった」「また受けたい」などの声が上がった。

そして今回、これまで出前授業限定だった「LINE entry」を、一般公開した。

一般公開により、今後は、出前授業だけでなく、だれでも「LINE entry」のビジュアル型プログラミング言語で簡単にコーディングを体験したり、LINEのオリジナル教材をダウンロードしたりできるようになる。

これにより、学校の先生自身で「LINE entry」を活用したプログラミング授業を行うことが可能になり、また、家庭でも「LINE entry」を使って子どもたちが学んだり、保護者が子どもに教えたりすることができるようになり、多くの人々にプログラミング教育と触れ合うきっかけを提供できることとなった。

出前授業も引き続き申込を受け付けている。なお、今後は生徒向けの授業だけでなく、先生向けの研修も行う予定で、準備ができ次第、受付開始。

「LINE entry」でできること

「LINE entry」には4つの基本機能

  1. 「学習する」
  2. 「作る」
  3. 「共有する」
  4. 「マイページ」

があり、遊び感覚で楽しみながらプログラミングを学習することができる。これらの機能はすべて無料で利用可能。

※作品をほかの人に公開・共有できる「共有する」機能は今後実装予定。

「学習する」機能

「学ぶ」というページで、学校の先生を主な対象としたLINEオリジナルの公式教材を無料でダウンロードできる。

この教材は、「プログラミング教育の授業をしたいけど、何をしていいかわからない」という先生の声に応え、LINEが放送大学や千葉大学と共同で、文部科学省の学習指導要領に基づいて開発。

授業で使うスライドや、生徒に配るプリント、進行用のガイドブックがセットになっていて、推奨学年別にレベル分けされた以下のようなテーマのものを用意されている。

これらを活用することで、初めてプログラミング教育の授業をする先生でも、順を追って段階的に授業を進行することができるほか、家庭で保護者が子どもにプログラミングを教える際に役立てることも可能。

なお、公式教材の種類は今後さらに拡充していく予定。

「作る」機能

「ワークスペース」というページで、子どもたちが直感的に操作できるビジュアル型のプログラミング言語を使って、ブロックを組み合わせながらコーディングし、実行することができる。

コーディング次第で、LINEのキャラクターを自由自在に動かしたり、オリジナルのゲームを作って遊んだりするような、自分だけの作品を作ることができる。

将来的には、自分の作品を他の人にシェアしたり、他の人の作品で遊んだりできる「共有する」機能も実装予定。

「ワークスペース」は自由度が高く、子どもたちそれぞれが好きなように、自分で考え試行錯誤しながらプログラムを作ることができるため、その過程を通して論理的思考・プログラミング的思考を学ぶことができる。

「マイページ」機能

メールアドレスとパスワードを設定して会員登録をすることで、「ワークスペース」で作った自分の作品を「マイページ」に保存できるようになる。

今後、保存した作品を公開設定にして、他の人に「共有する」機能も実装予定。

「LINE entry」の使い方や新機能の紹介、学校での出前授業の様子などは、「LINE entry」公式ブログやLINE公式アカウントにて随時情報が発信される予定。

※「LINE entry」のLINE公式アカウントは2019年12月頃に開設予定。