AIを活用した英語学習システム 「cooori」計7万時間以上の学習者データを解析させたVer.3.21.0をリリース

人工知能(AI)を活用した英語学習システム 「cooori(コーリ)」を開発・販売する、株会社コーリジャパン(本社:東京都千代田区、代表者:エイソール・エイヨルフソン、以下 コーリジャパン)は、独自開発AI「3O(スリーオー)」に新たに2万時間以上の累積学習者データを加え計7万時間以上の学習者データを解析させたVer.3.21.0をリリースし、2019年10月30日(水)にcoooriに実装したと発表した。

「cooori」Ver.3.21.0リリースの背景と内容

2018年に発表した独自開発AI「3O」は、これまで約5万時間以上の日本人の英語学習データを蓄積し、そこから導いたデータをもとにcooori内で日本人英語学習者の実力を判断、陥りやすい間違いの解析や問題の出題を行い、効率の良い学習を誘導している。

今回のアップデートにより、独自開発AI「3O」が保有・解析する学習者のデータが7万時間以上になり、ユーザーの英語能力や学習の癖をより綿密に判断する。

「知っている」「知らない」「覚えた」「忘れた」単語をAIが解析し、ユーザー一人一人の学習能力や進度、忘却曲線に基づいた繰り返し学習を提供することで、よりパーソナライズ化した学習法を提供することが可能になった。

日本における英語教育の潮流とは

これまで日本では、様々な英語学習のスタイルがあった。

【第1世代:駅前留学ブーム】

1970~90年代前半は、ラジオ英会話やTV英会話番組が始まり、中でも外国人講師と会話する形の英会話学校が大ブームになった。

【第2世代:CD学習が普及、TOEIC受験が一般的に】

1990年代後半~2000年代にかけては、CDが普及したことにより、リスニング学習がより一般的なものになり、「英語を聞くだけで話せる」というコンセプトの学習教材が大流行。

また、TOEICの受験者が増え、英語力をはかる指標として、より一般的なものになった。

【第3世代:一人一台電子デバイスの時代】

2000~2010年代にかけて、携帯電話が普及し、さらには携帯型のゲーム機で英語を学習するソフトなどが発売され、電子デバイスでの英語学習が一般的に。

【第4世代:スマホ時代到来】

2010年以降、スマートフォンが一般に普及。SNSや動画投稿サイトが台頭し、英語学習のノウハウもスマートフォンでシェアされる時代に。オンラインで講師と会話する形の学習スタイルも一般化した。

【第5世代:人工知能(AI)時代:前半】

2012年は、第3次人工知能ブームと言われる。スマートフォンでの言語学習は定着し、この頃、AIで英語の発音を認識してくれるサービス、アプリなどが誕生した。

【第6世代:英語コーチングスクール台頭】

2016年ごろ、これだけ英語学習の教材が溢れる中でも、「英語の勉強の仕方がわからない」という需要に注目した、専属トレーナーが英語学習をサポートし、結果にコミットしてくれるようなコーチング型の英語学習スクールが流行。

【第7世代:人工知能(AI)時代:後半 ~AIパーソナライズ学習時代~】

第5世代のAI学習の波と第6世代の専属トレーナー(パーソナライズ)の波を受けて、時代はついに第7世代「AIパーソナライズ」に進化している。

AIが学習者のレベルを把握し、個々のレベルに合わせた効率の良い学習進路に導いてくれるパーソナルティーチャーとして、知識が最短で身に付く方法へ導く。

※総務省発表 『平成28年版 情報通信白書』「人工知能(AI)研究の歴史」より

cooori開発者/コーリジャパン創業者 アルナ・イェンソン博士のコメント

学びの最先端「教育のパーソナライズ化」がAIにより実現し、これまでになく、英語を効率的に学習できるようになりました。

今、学校教育を始めとして、「学び」のあり方が大きく変わろうとしています。それは、「教育のパーソナライズ化」の流れの加速です。一部の富裕層だけに対してではなく、現代のテクノロジーが、学習者それぞれに応じた、パーソナライズ教育を可能にしているのです。

誰もがパーソナルに学びを得ることができる現代で、寿命が延びた「人生100年時代」だからこそ、「大人の学び」も盛んに行われています。日本においては、厚生労働省等が、企業の社員への学び直しを支援しています。人口が減っている今、従業員を教育することは企業の成長に影響します。

私は、日本企業は他のアジアの国と比べて英語力をつけることにハングリーではない印象を受けます。英語の学習方法がわからない、という人も多いです。私自身、日本語の習得に苦労したことから、人工知能を活用した、効率的な語学学習システムを実現しようと、coooriの開発を始めました。

今こそ、テクノロジーを用いて、効率的に英語力を伸ばして欲しいと思います。