AI学習の『atama+』生徒の問題回答数が1,000万件を突破。データ活用し、学習範囲の習得にかかる時間を予測する機能を提供開始

atama plus株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:稲田 大輔、以下「atama plus」)は、学習を一人ひとりに最適化するAI先生『atama+』で学ぶ生徒の問題回答数が1,000万件を突破したことを発表した。

また、これまで蓄積されてきた『atama+』の大量のデータを活用し、生徒一人ひとりが目標とする学習範囲を習得するまでに必要な『atama+』での残り学習時間を予測する機能の提供を開始。

これにより、生徒一人ひとりが自分のペースにあった学習計画をたてることが可能となる。

『atama+』今後の方針

AI先生『atama+』は、一人ひとりの生徒が目標とする学習範囲を最短時間で習得するために、理解が不足している箇所やその根本原因を特定し、それらを効率的に習得する学習カリキュラムを作成する。

2017年のサービス開始以来、

  • 駿台教育センター
  • 学研塾ホールディングス
  • 城南進学研究社 等

の全国の塾・予備校500以上の教室に導入されており、今回生徒が解いた問題数が累計1,000万件を突破した。

『atama+』のアルゴリズムやコンテンツは多くの生徒が利用しているデータをもとに日々最適化されている。

従来の生徒全員が一律の教育を履修する場合は、全員の授業時間は一律となるが、本来は各生徒の得意箇所・苦手箇所は異なるため、それぞれの生徒が目標とする学習範囲を習得するのにかかる時間も異なる。

各生徒の学習傾向や学習履歴から目標範囲の習得までに必要な残り学習時間をリアルタイムに予測できるようになったことで、各生徒が自分にあった学習スケジュールを作成し、各自の目標にあわせて塾・予備校への通塾ペースを計画することが可能。

atama plusでは今後も、学習データを活用して学びのあり方を進化させていく。

『atama+』とは

つまずきの根本原因を解決。必要単元を最短で学びどんどん先へ。

atama+は、生徒が「基礎学力を最短で身につける」ことを目的とした学習プロダクト。

生徒一人ひとりの「得意」「苦手」「伸び」「つまずき」「集中状態」などのデータをAI先生が分析、一人ひとりに合った「自分専用レッスン」をつくることで学習を効率化する。

AI学習の強みは、つまずきの根本を解消し従来の何倍もの効率で力をつけられる『さかのぼり学習』。

一般的に、わからない単元がある場合、原因は「それ以前の他の単元(しかも複数)の理解不足」ということがほとんど。

生徒はもちろん、実は先生でさえ、その根本原因を突き止めるのは困難である。

atama+のAIは、データ解析によりこの原因を特定。

学年や単元の壁を超えてさかのぼり、①「何を」②「どんな順番で」③「どのくらいの量」やればよいか、一人ひとりに具体的にナビする。


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。