エデュプレイ、 LINEを用いた学習プラットフォーム「ラーテル」を開発

ICT利活用で教育機関を支援する株式会社エデュプレイ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:北川 周子)は、LINEを用いた学習プラットフォーム「ラーテル」を開発したことを発表した。

このサービスを利用したファーストクライアントとして10月20日に有限会社ジェイ・リサーチ出版のLINE公式アカウントにおいて韓国語語学学習「Jリサーチ出版☆アンニョン韓国語」のサービスをリリースした。

「ラーテル」サービス開始の背景

eラーニング学習教材の配信や成績など統合して管理するシステムLMS(Learning Management System)は、大学や企業内での社員教育システムとして多く利用されている。

エデュプレイでも、これまで大学のLMS導入・運用を支援してきた。

しかし、学習システムにはログインが必要になるため、能動的な学習が発生しにくく、また個々の学習進度に沿ったアダプティブラーニング(適応的学習)に対応しているシステムは多くない。

普段使いのLINEをプラットフォームに利用することにより、「いつでも」、「どこでも」、「手軽に」隙間時間に学習できるマイクロラーニング環境を提供する。

1回の学習開始から学習終了までの回答した問題数、正解数をその場で確認することができる。

今後は蓄積した学習データを元に学習者に対し、より的確な指導や学習支援の提供が可能となる。

『ラーテル』とは

『ラーテル』は、国内月間8,100万人のアクティブユーザを持つLINEのMessaging APIを活用し、演習問題を提供、「学習習慣の定着」と「基礎力の向上」を高めることに着目したマイクロラーニングのプラットフォーム。

※マイクロラーニングとは、細分化された学習コンテンツを学習者に提供、学習者が好きな時にコンテンツにアクセスして自学する学習スタイル。

主な機能

  1. 「いつでも」、「どこでも」、「手軽に」行える問題演習
  2. 日々の成績管理
  3. 問題登録・配信管理

ラーテルシステム概要図

基盤には日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用している。

有限会社ジェイ・リサーチ出版 久保田 あずさ氏のコメント

外国語を勉強しようと途中で挫折した経験のある人は多いと思います。語学学習で大切なことは継続すること。そのためには楽しく学習できることもとても大切だと考えています。

そこで今回、Jリサーチ出版では、LINEという身近なアプリを利用した、画期的な韓国語語学学習を提案させていただきました。毎日隙間時間で気軽に韓国語を学びたい人におすすめ。あいさつや基本フレーズ、旅行に役立つ単語などたっぷり300問、クイズ形式で楽しくトレーニングすることができます。このコンテンツで学んだことがきっと韓国旅行で実践できると思います。

上達した実感がさらに学習のモチベーションを高めることと期待しています。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

WRITERこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。