仙台育英学園、オンライン英会話などのICTを活用した授業を支えるためフルノシステムズの無線LANアクセスポイント「ACERAシリーズ」を導入

株式会社フルノシステムズ(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:中谷聡志、古野電気㈱関連会社)は、仙台育英学園(法人局所在地:仙台市宮城野区、理事長:加藤雄彦)に、オンライン英会話などのICTを活用した授業を支える無線LANインフラとして、業務用無線LANアクセスポイント「ACERA(アセラ)シリーズ」を導入したことを発表した。

仙台育英学園では先進的なICT授業の実施を推進しており、オンライン英会話や、情報科学コースの生徒たちが使用するデバイスを接続するための無線インフラとして、ACERAが採用された。

宮城野校舎(仙台市宮城野区)で90台、多賀城校舎(宮城県多賀城市)で55台の合計145台のACERAが稼働している。

ハード機器のアクセスポイントをフルノシステムズが提供し、無線環境の構築やメンテナンスサービスなどの運用サポートは、株式会社エクシオン(仙台市青葉区)と株式会社リンクス(仙台市太白区)が担当した。

仙台育英学園の「ACERA(アセラ)シリーズ」活用内容

仙台育英学園では、宮城野校舎に無線LANを先行導入し、検証と最適化を経て、多賀城校舎への展開を進めている。

両校舎内に、ACERA 1010をはじめとするアクセスポイントを合計145台配備。

無線LANを活用した特徴的な授業が、クラス全員が同時にノートPCでそれぞれ海外の講師とネットでつながり、マンツーマンで会話をする「オンラインスピーキングトレーニング」。

2018年度より英進進学コースや外国語コース、そして秀光中等教育学校のカリキュラムとして実施されている。

1クラス35人以上のノートPCをWi-Fiに接続し、一斉に音声・映像のリアルタイム通信を行う。

このオンラインスピーキングトレーニングの円滑な進行を、フルノシステムズのACERAが支えている。

また、情報科学コースの生徒が1人1台保有するモバイル端末(Surface)の無線接続を担うなど、生徒たちのICT活用をサポートする。