学習データを集約する「Studyplus for School SYNC」、全国5,500教室の学習塾に展開する映像授業「ベリタス・アカデミー」と連携を開始

学習管理SNS「Studyplus」、教育事業者向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」を提供するスタディプラス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:廣瀬高志)は、学習塾で利用されるデジタル教材の学習データを集約する「Studyplus for School SYNC(シンク)」を開始。

第2弾として、株式会社ユナイテッド・インテリジェンス(本社:京都府京都市下京区、代表取締役社長:坂木 俊信)が提供する、全国5,500教室の学習塾に展開する塾向け映像授業サブスク「ベリタス・アカデミー」と提携を開始し、動画教材の学習データの自動収集が可能となったことを発表した。

スタディプラス、「ベリタス・アカデミー」との提携の背景

指導者不足による映像授業の普及、先生の役割シフト

昨今、学習塾業界では、人材不足・人件費高騰、若年者の人口減少による大学生アルバイト講師不足といった、指導者不足が塾運営における課題となっている。

このような背景から、生徒がタブレットやPCで利用する「学習塾向け映像授業」が課題の解決策として、指導現場での活用が進んでいる。

生徒は自分のレベル・科目に応じた映像授業を閲覧して学習し、先生の役割はティーチングから、学習進捗管理やモチベーションコントロールといった、生徒の自立学習をサポートするコーチングにシフトするトレンドがある。

一方で、生徒は映像授業を含め複数のデジタル教材、リアル教材を利用することが多く、先生の学習進捗管理は煩雑になるという課題がある。

塾向け映像授業サブスク「ベリタス・アカデミー」との提携

プランニング画面

今回の「ベリタス・アカデミー」との連携によって、映像授業の再生履歴が自動で「Studyplus for School」に記録されるようになる。

また、生徒が学習管理SNS「Studyplus」を用いて自宅学習を含め学習進捗を記録することにより、先生は「アナリティクス機能」で学習状況を容易に把握することができ、また「プランニング機能」によって生徒の学習計画の達成状況の管理や、計画へのアドバイス・修正をオンラインで時間と場所を選ばずに出来るようになる。

これによって、「ベリタス・アカデミー」導入塾の先生の管理業務の負担が軽減されるとともに、先生が生徒とのコミュニケーションやコーチングにより注力することができる。

スタディプラス株式会社は、今後も学習データの活用による生徒一人ひとりのモチベーション向上や、教育現場のデジタル化、教育業界の人手不足解消や働き方改革に取り組んでいく。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録