明光ネットワークジャパンとスプリックスが業務提携、「自立学習RED」のフランチャイズ展開を強化

明光ネットワークジャパンは、2019年10月10日開催の取締役会において、株式会社スプリックス(東証一部、証券 コード7030、以下「スプリックス」)との間で、両社が展開している教育事業に関して、業務提携契約を締結することを決議したと発表した。

明光ネットワークジャパンとスプリックス、業務提携の理由

明光ネットワークジャパンは、「教育・文化事業への貢献を通じて人づくりを目指す」、「フランチャイズノウハウの開発普及を通じて自己実現を支援する」という2つの経営理念を掲げ、「自立学習」、「個別指導」方式による個別指導塾「明光義塾」の直営及びフランチャイズシステムでの全国展開をしており、個別指導塾のパイオニアとして、個別指導塾の運営ノウハウ、フランチャイズ展開ノウハウが高く評価されている。

今後は、多様なニーズに応え、教育とITを融合させたEdtechを活用した教育サービスを強化することが、更なる成長のための要素と捉えている。

一方、スプリックスは、「良質な教育サービスを提供することで、世界中の人に『人生の新たなステージ(春 Spring)』を届ける」という理念のもと、個別指導塾「森塾」、教育ITでとことん学ぶ個別学習塾「自立学習RED」などの学習塾を展開しているほか、「『教育×IT』で世界No.1になること」をビジョンに掲げ、ITを活用した教材、教室オペレーションシステムの構築にも強みをもつ。

個別学習塾「自立学習RED」は、「成績を上げることで生徒の人生に貢献する」という理念を掲げた、ITを活用した講師に依存しない学習塾で、フランチャイズ展開を開始している。

両社は、明光ネットワークジャパンの持つ個別指導塾の運営ノウハウ、フランチャイズ展開ノウハウとスプリックスの持つ教育ITを活用した講師に依存しない個別指導塾の教室オペレーションシステムを融合し、 新たな生徒数の拡大を目指して個別学習塾「自立学習RED」を積極的にフランチャイズ展開していく。

明光ネットワークジャパンとスプリックス、業務提携の内容

業務提携の概要は以下のとおりだが、両社の役割と詳細については今後両社で設置する「運営委員会(仮称)」において協議される。

  1. 個別学習塾「自立学習RED」の相互展開(各社による直営展開、フランチャイズ展開)
  2. (1)のための教材、ITコンテンツ等の開発及び提供
  3. その他共同開発及び相互提供
EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。