ランゲージワン、13ヶ国語対応の「多言語AIチャットボットサービス」を企業・自治体向けに提供開始

多言語電話・映像通訳サービスのランゲージワン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:新井 純一、以下ランゲージワン)は、企業と自治体向けに最大13ヶ国語対応の「多言語AIチャットボットサービス」を2019年10月7日より順次提供開始することを発表した。

(インターネット網と統合行政ネットワーク網/LGWANに対応)

「多言語AIチャットボットサービス」概要

2018年の訪日外国人は3,100万人を超え、少子高齢化を背景に外国人労働者は140万人を超えた。

訪日外国人と在留外国人の増加を背景に、企業と自治体の相談窓口は、入国・在留手続き、雇用、福祉、教育、各種生活関連など、外国人からの幅広い分野の相談・問い合わせに対して、多言語での対応を求められている。

ランゲージワンの「多言語AIチャットボットサービス」は、企業と自治体の相談窓口が持つ FAQナレッジを最大13ヶ国語対応で翻訳してAIに学習させ、相談窓口端末やWebサイトにおける多言語での相談・お問い合わせに対して、一次対応を無人化・自動化するマルチネットワーク(インターネット・LGWAN)、マルチデバイス対応のサービス。

FAQ対応を24時間365日対応可能な多言語AIチャットボットで自動化することで、企業と自治体の相談窓口担当者は、より重要性の高い相談・問い合わせに注力することが可能になる働き方改革にもつながる。

また、多言語AIチャットボットは外国人相談者への一時対応だけでなく、窓口担当者へのナレッジサポートとしても活用できる。

「多言語AIチャットボットサービス」で解決しない相談・問い合わせについては、

  • ランゲージワン多言語通訳サービスプラットフォームの「多言語有人チャットサービス」
  • 「多言語電話通訳サービス」
  • タブレット端末による「多言語機械通訳・多言語映像通訳サービス」

も併用できる。

対応言語

最大13ヶ国語

日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・タイ語・ロシア語・タガログ語・ベトナム語・ヒンディー語・ネパール語・インドネシア語

利用例

企業窓口の端末やLGWANを利用する自治体窓口の端末

  • 外国人相談者への一次対応
  • 職員の方へのナレッジサポート

企業や自治体の Webサイト

外国人からの問い合わせへの一次対応(人的対応を要した問い合わせ内容は FAQデータベースに追加して次回からは自動対応)

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。