eラーニングアワード、楽しみながら学べる仕掛けに迫る『ゲーミフィケーショントラック』を11月15日に開催

人材教育・組織戦略の現状と未来を語り合う専門フォーラム「eラーニングアワード 2019 フォーラム」(2019年11月13日(水)~15日(金))は、11月15日 (金)に「ゲーミフィケーショントラック」を開催することを発表した。

「学習者のやる気を高めるためには一体どうすれば良いか?」こうした問いに対し今注目を集めているのが、ゲームの要素を用いて学習者をやる気にさせる「ゲーミフィケーション」(=モチベーション・テクノロジー)である。

本トラックでは、対象者は小学生から社会人まで、英語学習アプリやプログラミング授業など、デジタルもアナログも含め、ゲーミフィケーションを活用して効果を上げている最新事例4つを紹介。

さらに、来場者も含めたディスカッションを行い、ゲーミフィケーション活用のコツを議論する。

※本トラック講演はeラーニングアワード2019フォーラム内にて開催される。

「ゲーミフィケーショントラック」概要

講演者

  • 一般社団法人 日本ゲーミフィケーション協会 代表理事(賢者Lv98) 岸本好弘 氏
  • 合同会社ザワッグル 代表 中尾瑛佑 氏
  • 株式会社プロキッズ 代表取締役 原正幸 氏
  • 武蔵野学院大学 EdTech研究所 所長 坂井裕紀 氏

日時

11月15日 (金) 10:40~12:30

参加費

事前登録で無料

当日プログラム

  • 1部(講演) 『ゲーミフィケーションの考え方』岸本好弘氏
  • 2部(講演) 『ゲーミフィケーションの活用事例』岸本好弘氏 中尾瑛佑氏 原正幸氏 坂井裕紀氏
  • 3部(パネル)『ゲーミフィケーション活用の未来を考えるディスカッション』岸本好弘氏 中尾瑛佑氏 原正幸氏 坂井裕紀氏

※1~3部の間にリアルタイムアンケートシステムからの質問についてもディスカッションを行う。

「eラーニングアワード 2019 フォーラム」の概要

会期

2019年11月13日(水)、14日(木)、15日(金) 9:00~18:00

会場

東京 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

入場料

無料・要事前申込 ※当日受付は入場料として1,000円が必要。

全ての講演情報

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。