プリモトイズ、木製知育玩具「プリモトイズ キュベット」の遊び方を紹介するYoutubeチャンネルを開始

プリモトイズ日本販売総代理店 キャンドルウィック株式会社(東京都千代田区、代表取締役 シルベスタ典子)は、3歳から小学生まで、レベルに合わせてプログラミングを学べる木製知育玩具「プリモトイズ キュベット」の購入者を対象に、発展的な遊び方を紹介するYoutube「キュベット チャンネル」を2019年7月からスタート。

1回の動画は5~8分程度で、製品登録者(プリモトイズファミリー)を対象に先行配信した後、2ヵ月後に一般公開される。

子どもたちはキュベットと遊びながら、自主性と創造力を発揮してどんどんレベルアップ。

それを見守る大人は子どもの能力をより引き出すためにどんなガイドをすると良いのか、という質問が多く寄せられていたことから、大人へのサポートを目的にサービスを開始した。

Youtube「キュベット チャンネル」で9月に一般公開を開始した動画

ファンクションブロックを使ってみよう!

質問の多い青いファンクションブロックの使い方、チャレンジ問題を紹介。

これが使いこなせるようになると、キュベットとの冒険の世界がどんどん広がりコーディングのレベルアップができるようになる。

簡単な英語でプログラミング!

イギリス生まれのキュベットは、英語との相性が抜群。

ブロックの色やキュベットの動く方向など、簡単な単語やフレーズで「英語でプログラミング」を体験できる。英語の誉め言葉や英語版ストーリブックも紹介。

オリジナルマップを作って遊ぼう

折り紙をつなげてキュベット専用の道を作ったり、手書きのイラストやマスキングテープを使ったマップの作り方を紹介。

すごろくのように「このマスに来たら3回まわってジャンプする」など、子どもと一緒にいろいろ工夫して遊ぶことができる。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。