リアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」バージョンアップを発表

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)は、リアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」のiOS版、Windows版、Chromebook版のバージョンアップを発表した。

提供開始は2020年3月を予定している。

今回のバージョンアップでは、要望の多かったテキストの縦書きや、iPhone対応、SplitView対応などを実現する。

また新機能として、教材の一部を隠したりめくったりできるフリップ機能も搭載する。

MetaMoJiでは、「MetaMoJi ClassRoom」の提供により、これからも、子どもの成長や授業内容にあわせ、シンプルなノート機能から、高度な協働学習まで幅広く柔軟に対応し、小学生低学年~中高生まで、タブレットを活用したアクティブ・ラーニングを支援していく。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。