PLAYとUiPathがパートナーシップを締結、法人向けパーソナル型RPAトレーニングプログラムの提供を開始

パーソナル型のAI・RPAエンジニア養成プログラム『ROOKIE』を運営するPLAY株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:与田明)は、 UiPath株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一)とトレーニングアソシエイトパートナーシップを締結し、法人向けパーソナル型RPAトレーニングプログラムの提供を開始することを発表した。

PLAYは創業時よりパーソナル型AI・RPAエンジニア養成プログラムをはじめとした、IT人材の育成を行なってきた。

現在も企業が社内でのRPA開発者の育成に苦戦していることに課題に感じ、従来の集団研修ではなく、個人に合ったRPA教育の提供により日本の自動化推進を行っていく。

法人向けパーソナル型RPAトレーニングプログラムについて

自社でRPAを取り入れたい、RPA開発者を育成したい企業に向け、法人向けパーソナル型RPAトレーニングプログラムを提供する。

学習プログラムは1〜2ヶ月でプロのRPAエンジニアのスキルを習得できる内容を網羅。

従来の集団研修ではカバーできなかった、1人1人のスキルセットに合わせたパーソナルトレーニング、地方の顧客へのオンラインレッスンの提供を行なっている。

開催時期

2019年9月〜

期間

1ヶ月〜2ヶ月(目安)

開催場所

PLAY株式会社本社/オンライン受講

価格

300,000円(税別)

特長

完全パーソナル型レッスン

従来の集団研修ではなく個人のレベルに合わせた自習メニューや週に1回の対面トレーニングで実践的なRPAスキルを習得可能。

オンライン受講可能

パーソナル型レッスンの特性を生かした完全オンラインでの受講が可能に。地方の人や忙しい人でも、一切会場に足を運ばずにレッスンの受講が可能。

RPAのプロフェッショナルに

1〜2ヶ月の学習プログラムでRPAエンジニアのスキルが習得できる。プログラムを修了すると、UiPath社の発行するRPAディベロッパーFoundation(基礎)トレーニング修了証の取得をマンツーマンで支援する。

プログラム内容

法人向けプログラムでは、以下の講座内容でRPAエンジニアを育成する。

  • UiPath基本操作
  • 変数、データ、レコーディング、データスクレイピング、セレクターの操作/理解
  • Excel、PDF、メール自動化
  • エラーハンドリング
  • RPAの設計
  • 画像とOCR
  • RPAディベロッパーFoundation(基礎)トレーニング修了証の取得支援

ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。