「Clear」のアルクテラスと「受験コンパス」のラシクが業務提携、 大学受験生を学習塾に紹介するサービス「totore」を開始

アルクテラス株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:新井 豪一郎、以下 アルクテラス)と株式会社ラシク(本社:東京都文京区、代表取締役社長:服部 悠太、以下 ラシク)は、新入試制度で受験する高校生を学習塾に紹介する新サービス「totore」を共同事業として9月27日より開始した。

国内最大級の学習アプリ「Clear」を利用する高校生と「受験コンパス」を活用する塾を対象に行う。

totore事業開始の背景

大学受験生は2018年度で55万人、年々増加傾向にある。

また新入試制度にむけた受験勉強に不安を持つ高校生の割合は65.8%であり、新入試制度の開始を目前に大学入試に向けた学習のサポートに対するニーズが高まっている背景を受けて、今回アルクテラス株式会社と株式会社ラシクは業務提携して「totore」を共同で開始することになった。

totoreの概要

「totore」は、アルクテラスが運営する日本最大級の学習アプリ「Clear」のユーザーに対して、「受験コンパス」を利用する学習塾を紹介するサービス。

志望校合格を目指す受験生の悩みに対して、アルクテラスの運用する生徒募集サービス「MEETS」の仕組みを利用して、ラシクが相談に乗り、受験生に合った学習塾を紹介する。

ラシクの紹介する学習塾は「受験コンパス」を用いて受験生一人ひとりの学習進度を考慮して最適化された学習計画を立て、その実行をサポートする。

今後の展開

今後の展開としてサービスの対象者の拡大のため展開地域を広げることを予定している。

また、各地域で高校生を対象に受験相談イベントを開催するなどオンラインとオフライン両方で受験生のサポートを実施する予定。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。