LINE、九州大学の学生とキャンパス内で使えるLINE公式アカウントを開発

LINE Fukuoka株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:落合 紀貴)は、九州大学の学生とともに“キャンパス内の不便を解決する”2つのLINE公式アカウントを開発し、公開したことを発表した。

LINEと九州大学が開発したLINEアカウントの概要

LINE Fukuokaでは、福岡市との包括連携協定に基づき、まちのSmart City化を推進している。

中でも行政や民間企業、市民との「共創」を重要視しており、これまでもAI・FintechなどLINE先端技術を活用した協働事業を数多く実施してきた。

その一環として2019年7月より、学生に向け、九州大学の有志の先生で組まれたタスクフォースとともに、ハッカソンを実施。

“キャンパス内の不便”をLINE公式アカウントによって解決することを目指し、開発、運用、改善まで学生が主体となって取り組むという内容である。

学生は、アイデア出しからLINE Bot Designerを使ったアイデアのプロトタイプ作り、LINEのMessaging APIを利用したBot搭載のLINE公式アカウント開発を実施。

LINE Fukuokaは、社員による開発/企画時の疑問や不明点に対する専門的なサポートや、九州大学内での講義やミーティングを実施するなど、共同で進めている。

そして今回、開発したLINE公式アカウントのお披露目は、会場を福岡市が2019年7月にオープンしたエンジニア交流拠点「エンジニアカフェ」にておこない、来場したエンジニア等学外の人々との意見交換など刺激を相互に授受できる環境を用意。

学生は2グループに分かれてそれぞれ開発をおこなった。両アカウントともLINEのMessaging APIを利用して開発した、Bot搭載のLINE公式アカウント。

両アカウントとも、明日以降、順次キャンパス内で運用開始予定。

なお、九州大学の学生と教職員の利用を想定しているため、LINE IDの一般公開予定はない。

Q大食堂大図鑑LINE公式アカウント:各食堂の混雑具合や今週のメニューがわかるアカウント

広大なキャンパス内に複数食堂があるため、「遠くまで歩いてきたのに、とても混んでいた」「食堂に着く前にメニューを知ることができない(好きなメニューの時に行きたい)」という課題があった。

Q大食堂大図鑑LINE公式アカウントでは、食堂の混雑状況が分かる学内で研究中のセンサーと連携し、センサーで受け取った情報をもとに、複数の学生食堂のうち混まない食堂と時間をレコメンド。

また、各食堂のメニューを表示させることができるようになった。

まこっちゃん弁当LINE公式アカウント:弁当の事前注文ができるアカウント

弁当屋「まこっちゃん弁当」では、以前から店主個人のLINEアカウントを使って、簡易的に注文を受け付けていた。

その場合、受付終了時間を徹底できなかったり、申し込みごとに異なる弁当の総数をアナログに集計する必要があったりと煩雑さが課題として残っていた。

そこで担当チームが、受付中の弁当メニューのみ一覧表示させたり、キャンセルも受け付けられるようにするなどの機能を開発した。

店舗側は、効率的に用意な弁当種類・個数の見当がつけやすくなり、学生は売り切れによる買い逃しを防ぐことができる。

今後、LINE Payなどキャッシュレス決済の導入含め、さらに運用効率化を検討している。

LINE Fukuokaは今後さらに行政・民間企業・教育機関等との協働を通じて福岡市のSmart City化に一層注力し、これら共創を通じた“ライフスタイルイノベーションによって24時間365日ユーザーの生活すべてをサポートするライフインフラを目指す”LINEのビジョン「Life on LINE」を実現していく。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。