アディッシュのいじめ匿名連絡サイト「スクールサイン」、2020年度に海外展開へ

情報の領域で発生する課題解決に向けて、投稿モニタリング、ネットいじめ対策、ソーシャルアプリのカスタマーサポート等カスタマーリレーション事業を展開するアディッシュ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 江戸 浩樹、以下、アディッシュ)は、いじめ匿名連絡サイト「スクールサイン」を、2020年度に海外展開を推進することを発表した。

「スクールサイン」海外展開推進の背景

『いじめは日本だけの課題ではなく世界の課題』

連日、日本で報道されている子ども達をとりまく「ネットいじめ」の問題は、先進国特有の問題ではないことが、ユニセフが発表した「子どもに対する暴力撲滅」調査の中で明らかになった。

  • 「若者の3分の1がネットいじめを経験している」
  • 「5人に1人がネットを介したいじめや暴力のため学校を休んだ経験がある」

引用:「子どもに対する暴力撲滅を ユニセフ、30カ国の若者に調査」ユニセフ|2019年9月4日)

アディッシュは、2007年からネットいじめ・学校裏サイト対策「スクールガーディアン」事業を展開し、いじめの早期発見等の支援を続けている。

2019年度は、スクールガーディアンの様々なサービスが、全国約1,000校で利用されている。

今回、世界のネットいじめの現状を数値で把握し、日本に留まらず世界中の子どもをいじめから救いたいという思いから、いじめの実態を早期に把握するためのツール「スクールサイン」を世界にも拡げていくこととなった。

いじめ匿名・連絡サイト「スクールサイン」概要

「スクールサイン」は、”ひとりで悩む仲間をひとりでも助けるために”をコンセプトに、2015年10月より提供を開始した、いじめ匿名連絡アプリ「Kids’ Sign」のリニューアル版。

24時間いつでも匿名でいじめの目撃情報などを連絡できるWebサイトとして、クローズドなメッセージアプリやSNSなど、外から見えないところで起こっているネットいじめなどの連絡を本人や第三者から匿名で受け付け、その情報を学校や自治体に届けている。

2019年度は全国約200校(公立・私立中高)に導入、約10万人の中高生に使用されている(2019年9月時点)。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。