アーテック、ビジュアルプログラミング言語「Viscuit」を活用した幼児向けSTEAM型学習教室を開講へ

幼稚園・保育園及び小学校・中学校・高校教材の総合メーカー、株式会社アーテック(本社所在地:大阪府八尾市、代表取締役社長:藤原 悦)は、ビジュアルプログラミング言語『Viscuit』(ビスケット)を活用した新しい幼児向けSTEAM型学習教室『First STEAM』(ファースト・スティーム)を2020年4月より開講することを発表した。

『First STEAM』開講の背景

2020年の学習指導要領の改訂により、小学校においてプログラミング教育が必修化となる。

また大学入試においてもプログラミングを含む情報科目の出題が検討されており、理数系の基礎学力に加えて問題を見つけ解決する力や、表現する力、協力し合う力などが重視される見込み。

こうした「21世紀型スキル」といわれる新しい学力をつけるためには、低年齢からの「STEAM」(Sは科学・理科、Tは技術、Eは工学、Aは芸術、Mは算数・数学の頭文字)教科を横断する体験型の教育が有効とされている。

アーテックでは、子供向けのプログラミング学習教材や関連する教科教材開発のノウハウに、子ども向けの教育用ビジュアルプログラミング言語として注目されるViscuitを組み合わせた、4歳から楽しくSTEAM教科が学べる幼児教室を新たに全国展開する。

Viscuitによるプログラミングカリキュラム開発にあたっては、合同会社デジタルポケット(所在地:神奈川県厚木市、代表:原田康徳)と業務提携を締結。

2年間全24回の「デジタルアート」コースとして、創造力や情報活用能力、協働学習の力の育成を目指す。

同コースでは、幼児がタブレット上で自由に描いた絵に動きや変化をつけられるだけでなく、描いた絵を一つの画面に共有できる機能により、お絵描きを通じて直感的にコンピュータの本質に触れる体験をすることが可能。

Viscuitの幼児教室での本格的な導入は今回が初となる。

『First STEAM』概要

「First STEAM」のカリキュラムには、このほか「サイエンスクラフト」「ブロックデザイン」「ロボットプログラミング」の計4つのコースがある。

それぞれSDGs(エスディージーズ:国連サミット採択の「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた17の目標)に関連した生物や地球環境、未来の技術といったテーマと連動した内容で、「工作や手品」や「お絵描き」、「ブロック遊び」、「ロボット遊び」といった楽しい体験を通して手を動かし、五感を使うことで幼児期の脳を育てる体験型のカリキュラムとなっている。

コース

4つのコースの詳細は以下のとおり。

  1. 「サイエンスクラフト」:毎回配布されるキットを使って、身近な素材や現象を利用した工作体験。科学の基礎を体験する。
  2. 「デジタルアート」:プログラミングツール「ビスケット」を使って、タブレットの基本操作から、お絵描き、アニメ、音楽の創作までを体験する。
  3. 「ブロックデザイン」:アーテックブロックを使って、動物や建物・乗り物を作る体験で、集中力や図形・空間認識力を育む。
  4. 「ロボットプログラミング」:知育ロボット「アリロ」を使って、パソコンなしでプログラミング。論理的な思考力を育成する。

なお、FirstSTEAMのカリキュラムは、9月25日(水)~9月27日(金)に開催される「第1回関西STEM教育EXPO 」(EDIX関西)で展示紹介する予定。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。