マイナビ進学「進学に関する保護者の意識調査」を発表、子どもが入学した学校に満足している保護者は全体の75%

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営する進学情報サイト『マイナビ進学』は、2019年4月に大学・短期大学・専門学校のいずれかに入学した子を持つ保護者を対象にした「進学に関する保護者の意識調査」を初めて実施し、調査結果の概要を発表した。

「進学に関する保護者の意識調査」結果概要

  • 子どもが入学した学校に「満足している(非常に・ややを含む)」保護者は全体の75.1%
  • 「父」よりも「母」、そして「息子をもつ母」よりも「娘をもつ母」の方が、子供が進学した学校への満足理由に「資格取得率が高い」ことを挙げている
  • 保護者が行った進路支援の内容は、「学習支援(塾や家庭教師・参考書の購入等)」が最も多く、次に「子どもとのコミュニケーション(進学先について聞く、話し合うなど)」が続く。特に、コミュニケーションの実施については「母」および「娘をもつ母」の割合が高い
  • 保護者が子どもの進学先を選ぶポイントは「子供の学力との相性(43.2%)」「学べる内容(42.2%)」に続き、「実家からの距離(25.6%)」が上位
  • 子どもの将来の働く姿に望むものは共通して「やりがい(52.4%)」「安定した収入(26.4%)」だが、「娘をもつ父」は全体値より「やりがい(57.9%)」を、「娘をもつ母」は「安定した収入(27.2%)」や「資格や専門技術を活かす(14.8%)」ことを望む割合が高い

「進学に関する保護者の意識調査」結果

子どもが通う学校に「満足している(非常に・ややを含む)」と回答した保護者は75.1%で、4人に3人の保護者が、子どもの進学先への満足度は高いことが分かった。

また、子どもに対して何かしら進路支援をした保護者は、全体の約8割にも上る結果に。

特に、学習支援・情報収集・将来就く職業の話をするなど、子どもとのコミュニケーションは「母」が高い傾向にあることから、「父」よりも「母」の方が、進路支援に積極的であることが推測できる。

保護者が子どもの進学先を選んだポイント(上位3つまで選択)は「子どもの学力との相性(43.2%)」「学べる内容(42.2%)」が上位にあるものの、「実家からの距離(25.6%)」「取れる資格(21.3%)」なども注目される結果となった。

子どもに望む将来の働く姿については、「本人がやりがいを感じる(52.4%)」もしくは、「安定した収入を得られる(26.4%)」仕事をして欲しいという希望が高いが、特に「娘をもつ母」においては「資格や専門技術を活かした仕事(14.8%)」に就くことを望んでいる傾向が「娘を持つ父」よりも強く、学校への満足理由と共通する点が見えた。

子供の入学した学校に満足している保護者の割合(n=1,000)

満足している理由 (n=751)【複数回答】

保護者が行った進路支援の内容(n=1,000)【複数回答】

子供の進学先を選ぶポイント (n=1,000)【複数回答】

子供の将来の「働く姿」として希望するもの (n=1,000)【複数回答】

「進学に関する保護者の意識調査」調査概要

調査期間

2019年8月8日(木)~8月9日(金)

調査対象

株式会社クロス・マーケティングのモニターで35歳~65歳の「本年4月に大学/短期大学/専門学校のいずれかに入学した子供」を持つ人

調査方法

WEBアンケート(アンケート実施は株式会社クロス・マーケティング社に依頼)

有効回答数

1,000名

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。